2013年5月30日木曜日

新鮮な水が必要だ!

こんにちは!

IKJ私設応援団団長です!

あさってからは6月になります!IKJ一生懸命塾にいると毎日がなんて早いのだろう!

私は高校野球をやっていましたので、この6月の時期というのは
いろいろなことを考えている時期でもありました。

7月からは夏の甲子園大会への県予選が始まりますし
夏になればいよいよ受験勉強も始まるなという考えでを持ちながら過ごしていました。

ちょっと懐かしい感じです。


さて、今日の本題です。
みなさんは水無月という言葉をご存知ですか??




そう!六月のことですよね!

この水無月という言葉の由来をみなさんは知っているでしょうか??
梅雨に雨が降り、天の水が無くなる月や
田植えという大仕事を終えた「皆仕尽」といった色々な諸説があるそうです。

その中でも私がいいなと思ったのは
田植えを終えて田んぼに水を張る必要のある水月(みなつき)という話です。

5月までは田植えという稲作の土台とも言える本当に大切な作業を行い、
今年一年無事に育つように祈りを込めて田植えをします。

しかし、その稲たちがすくすくと成長していくには新鮮な水が必要なのです。

その水を張り、新鮮な水でさらなる稲たちの飛躍的な成長をさせるのが6月の水無月なのです。


このことを知った時に思ったのは組織もそうじゃないかなということでした。

3月社会の企業でも、私たちIKJ一生懸命塾のYMTという組織においても
中心で頑張ってきた方々の引退や卒業というものがありました。

そこから新体制での4月、5月を迎えるわけです。
4月は正直まだ、よくわからないことも多く、試行錯誤しながらの毎日。
5月は4月の努力が実を結び始める人と結果が出ないことからの焦りでやる気が下がる人といった人がいると思います。

4月のころのやる気が5月にみるみる下がり始め、
4月は新鮮だったはずの水がどんどん淀み、
沼のような汚れた水になりそうになるのが5月だと思います。

その淀みとは、油断、妥協、馴れ合い、傷の舐め合い、なあなあにすることだと思います。

そんなことでは組織はうまくいくはずがありません。
応援団でもそのような傾向が見られます。
なあなあにしてしまっていたり、誰かがやるだろう。自分はやらなくてもいいだろう。
約束もなんとかなるだろうというようなものです。

IKJ一生懸命塾の組織の一つがそのようなものでは絶対にいけない。

私もその団長として、全身全霊で応援団を新鮮な水にします。
みなさんへこのブログを書かせていただきながら自分にも言い聞かせています。

新鮮な水には意識すべきことはお互いに指摘しあうこと、
ぶつかりあうこと、努力し続けること、一生懸命を貫くことだと思います。

今みなさんの所属している組織はどのような組織でしょうか?
今こそ、新鮮な水にみんなで入れかえて飛躍する組織に、一人ひとりに成長していきましょう!!


以上です!
IKJ私設応援団団長 


2013年5月28日火曜日

Are you a student?

こんにちは!! CLUB THE一生懸命YMT 8番隊隊長です。

 

このブログを読んでいる大学生の皆さんに聞きたい!!

 
「ちゃんと勉強していますか??」


この問いにすぐ「はい!」と答えられた人、「う~ん…」と考え込んでしまった人、あるいはいさぎよく「いいえ!」と答えた人…etc 色んな人がいると思います。

 

 ではもう一つ質問。

 
「何のために勉強していますか?」

 


2連続で問いを投げかけてみましたが、今日は勉強とは何なのか、私の考えを書こうと思います。

 
勉強は英語で「study」。
このstudyはラテン語の「studium」という言葉に由来しています。

studiumは「勉強する」という意味ではなく、「熱意・情熱。一途に専念すること」という意味の言葉です。そこから転じて「勉強する、学習する」といった意味のstudyになっていきました。


つまり勉強するということの根本には「熱意を持つ」という意味が含まれているんです!!

 


そこで考えてみました。
自分も含め、今の大学生はどうなのか?果たして熱意を持っているのか…。

 

目的意識を持ち、熱意を持って勉強をしている人はほんのわずかではないでしょうか?
 

多くの大学生は「単位を取るため」の形だけの勉強になっているような気がします。

 
レポートや出席だけで単位が来るシステム。

過去問があり、一夜漬けでなんとかなる試験。

講義中は寝て、後から友達のノートをコピーする慣習。

 

おそらくこんな環境では熱意なんて湧いてこない。

そんな勉強は意味がないと思うのです。

 

こんなことを言っている僕も、多数派である「単位のため」の形だけ勉強をしているタイプの学生でした。

 

そんな僕が出会ったIKJ一生懸命塾。

IKJのレッスンは大学の講義とはまるで違う。

「こんな環境があったのか!?」と最初は衝撃を受けました。そして一瞬で好きになりました。

 
11人が目的意識を持ち、熱意を持っている。

 

「成長する!社会で活躍する人財となる!!」

という熱い気持ちを持って活動している。

 
そんな熱い想いがあるからこそ、塾生たちは生き生きしている。

学ぶことに対して「もっと!もっと!!」と積極的になっている。

 

これこそが「Study」の本来の姿ではないか!

 

だからこそ教育者は子供たちの「熱意」を引き立たせる存在でなければいけない。

イメージするなら金八先生やヤンキー先生のような熱い先生。

 

そんな熱い指導者がIKJ一生懸命塾には沢山いる。

それはレッスンをしてくれる講師陣だけではない。

「国づくりのための人づくり」に向かって情熱を燃やし続けるプランナーさん。

どこまでもFor youな代表・本部長。

熱い語りを通して気付き・学びを与え合う塾生も、時には指導者と言ってもいいだろう。

 

こんなに素晴らしい学び舎はない。

 
 
 
冒頭で聞いた2つの質問。

 
言い換えると

・熱意を持っていますか??

・何のためにその熱意を燃やしていますか??

 

こう聞かれたら、IKJ一生懸命塾の塾生であるならば自信を持って答えられるはずだ。

 



 そして最後に。
 
studyと同じくstudentという英単語の語源も「studium」です。

 
「学生・生徒」と訳されているが、根本の意味は「熱意を持つ者」。

こう考えた時、今の日本にStudentと呼べる若者はいったいどれだけいるのだろうか…。

 
豊かさの弊害、心が失われつつある現代、
飯田橋以外の地域では、本物のStudentは減り続けているのではないか、と僕は思う。

 
だからこそ声を大にして言いたい。


日本の若者よ!熱くなろうぜ!!


以上です。

CLUB THE一生懸命YMT 8番隊隊長

2013年5月26日日曜日

人財アベレージヒッター

こんにちは!YMT副総長、広報部長の方です。

最近の寒暖の差はとても激しいですね。
昼間は日差しが思った以上に強くて、スーツを着ているサラリーマンや就活生は特にしかめっ面です。
逆に夜は想像以上に気温が下がり、昼の気分のまま薄着で寝るとくしゃみが止まりません。

この5月における気温の上がり下がりは、何となく人間の気分と似ている気がします。
気分が乗っているときは楽しく何事にも頑張れるけれども、すぐにやる気が保てなくなってネガティブになる自分もいる。
自分でも制御できないこのモチベーションの波に、困ってしまう人も多いでしょう。

僕は、この5月のような人間では国づくりができる人財にはなれないと思います。

人は誰しも好不調の波があります。
しかし、圧倒的な意志力で常識を変えられるような、固定観念を吹っ飛ばして物事を考えられるような、
そんな「本物」は自分をコントロールしています。

例えばイチロー選手。
皆さんご存知の通り40歳を過ぎても未だにMLBという全世界に夢を与える大舞台で活躍しています。
彼は毎年のように200本安打、打率3割を越え、攻走守完璧に揃ったクールなプレイスタイルにファンは増える一方です。

しかし、そんなイチロー選手はいつだって好調なのでしょうか。
決して、そんなことはありません。
彼も僕らと同じ人間です。

奥村幸治さん(掲載当時NPO法人ベースボールスピリッツ理事長、宝塚ボーイズ監督)が、当時弱冠20歳のイチロー選手と以下のような会話をしたそうです。

オリックスの打撃投手であった奥村さんがイチロー選手に、打撃不振の調整のために投げようか?と声をかけると、
ほとんどの打者がお願いしますと言うところを、イチロー選手は断ったそうです。

そして、
「どんなに好きな野球でも、毎日続けていると、
もう疲れた、きょうは嫌だなと思う時ってないですか?
そうなっては、自分の能力って
絶対に発揮できないですよ。
バットが持ちたくて持ちたくてしょうがない。
そういう心境で、僕は試合に臨みたいんです」
致知20106月号「致知随想」より

イチロー選手はモチベーション維持のための確固たる軸を持っているようです。
僕たち大学生も同じ20歳ですね。
あなたに自分をコントロールするシビアな考え方はありますか?
辛いときでも人に流されずグッとこらえられる哲学はありますか?

僕たちがイチロー選手と同じ考え方をする必要はありません。
しかし、IKJ一生懸命塾の理念である「国づくりのための人づくり」ができる人財になるためには、
自分をコントロールできるようにならねばなりません。
経済産業省も「職場や地域社会で多様な人々と仕事をしていくために必要な基礎的な力」=社会人基礎力として、
柔軟性やストレスコントロール力の必要性をあげています。

これらは、とても簡単なようで難しいことです。
一人では辛く厳しいかもしれません。

だからこそ、IKJ一生懸命塾のような苦楽をともにできる「同志」の存在がある環境が必要なのです!
本当に社会から必要とされる「本物」になるべく、IKJ一生懸命塾で共に育み、共に教え合う共育の大事さを再認識しよう!

そしてどんなに辛くても、踏ん張れる強い人間に、一緒になっていこうぜ!
イチロー選手のように野球ではないけれども、
社会人0年目の人財としてアベレージヒッターであろうぜ。



春にならない冬はない


共に、頑張りましょう。

YMT副総長 兼 広報部長

2013年5月24日金曜日

人は変われる



こんにちは。IKJ 一生懸命塾YMT 一番隊隊長です。

IKJ一生懸命塾に入って7カ月。
私は、IKJ一生懸命塾に「人生」を変えて頂きました。

入塾する前の自分は、典型的な自分勝手。
自分が上手くいけば、自分が楽を出来れば良いと思っている性格でした。

そんな自分を変えようとも思っていませんでした。
人生、自分一人の力で生きていけると思っていました。

そんな私が一生懸命塾に入って、最初に衝撃を受けたのが、
「自分の事ばっかり考えている奴は弱い」
という言葉でした。

曲がりながらも、今までの自分を反省し、
「他人のことを考えられる人間になりたい」
という思いになってスタートした塾生活でした。

そんな私の塾生活も7カ月が過ぎました。
いまでは、隊長という役職を頂いて、他人の成長を願える人間になりました。

このブログを通して私が伝えたいことは、
「人は変われる」ということと、
「変われる環境がIKJ一生懸命塾にはある」ということです。

私が変わることができたきっかけは、IKJ一生懸命塾の素晴らしき塾生でした。

私を本気で怒ってくれる先輩がいた。
私の為に一生懸命になってくれる塾生がいた。
イベントの成功の為に、一緒に頑張れる仲間がいた。

そんなFORYOU精神溢れる塾生に囲まれて、
「私も他人のために行動することができる人間になりたい」
という考えをもてるようになりました。

そして、その考えが、私の行動を、人格を、人生を変えてくれました。



IKJ一生懸命塾に入塾する時、「今の自分を変えたい」と決意した人も多いと思います。

「人は変われます。」


元プロ野球選手の野村克也さんの名言にこんな言葉があります。

「考えが変われば意識が変わる。
 意識が変われば行動が変わる。
 行動が変われば習慣が変わる。
 習慣が変われば人格が変わる。
 人格が変われば運命が変わる。
 運命が変われば人生が変わる。」

あなたの考えが変われば人生が変わります。
さあ、ちょっと考え方を変えてみませんか?

IKJ一生懸命塾には、「FORYOU精神」「ポジティブシンキング」
各隊コンセプト、人生訓など、素晴らしき考え方がたくさんあります。
そして素晴らしき考えを持つ塾生がたくさんいます。

そんな素晴らしき環境で一緒に素晴らしい人生を作っていきませんか?
あなたの考え方次第で、人生はもっともっと素晴らしきものになるはずです。


IKJ一生懸命塾 YMT 一番隊隊長。


2013年5月22日水曜日

唯一無二の環境

こんにちは!
IKJ 一生懸命塾 YMT 二番隊隊長です!


今日はIKJという環境の素晴らしさを伝えたいと思います!


IKJ 一生懸命塾には他の就活塾にはない、
いや、他のどんな場所にもない環境があります!


その主たるものが、塾生のみで構成される、YMTという環境です!

YMTとは、一言で言うとアウトプットの場です。

レッスンで学んだ、理解したことを実際にアウトプットすることによって、
「できる」にする場です!

この環境がいかに素晴らしいものか。


皆さん想像してみて下さい。

サッカーのシュートの打ち方を教えて貰ったとします。
そして練習もせずに実際に試合に出て、シュートを打てるでしょうか?
ゴールを決められでしょうか?

決められないですよね。
知識を自分の血肉にするには何事もやってみることが大切なのです。

必ず失敗するでしょう。
初めから成功することなど、大したことではありません。

失敗を乗り越えてこそ、本当の実力があります。
懐の深さ、人としての強さは壁にぶち当たり、それを乗り越えてこそあるものだと思います。


そして、IKJ 一生懸命塾には、YMTという失敗できる場があるのです!

失敗しても、そのプロセスを、努力を評価してくれ、指導してもらえる環境があります!


YMTの環境は失敗を、かっこ悪い一生懸命を絶対にバカにしません。
なぜなら、誰もが一度は通った道だからです。
その気持ちを理解できるからです!


思いのままトライして、失敗して自分を何重にも強くできるんです!


人はよく自分で限界を決めて挑戦することを諦めます。
非常に臆病なのです。

実際に行動することがどれだけ大切なのかを理解しないまま。



私もここで何重にも強くしてもらいました!

挑戦して、失敗して、壁を乗り越えることを繰り返しながら。


社会にでてしまってはもうそんな心の若さを取り戻すことはできないでしょう。

まさにIKJは最後のチャンスをくれる場所なのです!


IKJ 一生懸命塾の素晴らしい環境の一部を紹介させてもらったところで、今回の記事としたいと思います!

ありがとうございました!

IKJ 一生懸命塾 YMT 二番隊隊長