2013年9月30日月曜日

「非営利の大切さ」


こんにちは! 
6期最後のブログを書かせて頂きます、学生団体YMT総長の中山です。

IKJにいると、いつも感じます。
時が経つのは早い。

特に今年卒業する人は、社会に出るまであと半年。
社会人にとって必要な力を身につけるのも、あと半年しかないんですね。

じゃあ必要な力ってなに?
知識、プレゼン能力、コミュニケーション能力、論理的思考能力
色々あります。

その中でも、道徳を身につけるのって組織で色んな人と関わって行く上でむっちゃ大事だと思います。

それは人財育成にとって最も必要不可欠!
小学校の授業で必ずありました。道徳の時間。

でも小学生の頭では、「なぜこの教育が必要なのか?」
そんな所までは到底考えられないでしょう。

じゃあ大学教育に道徳教育を入れる事は出来るのか?
義務教育ではないため、難しいかもしれません。

だから今の時代こそ若者に対して道徳を教えてくれる松下村塾のような私塾って必要。

小学校学習指導要領に記載されている道徳教育で目指しているものはこうです。
「豊かな心をもち、伝統と文化を尊重し、それらをはぐくんできた我が国と郷土を愛し、(中略)公共の精神を尊び、民主的な社会及び国家の発展に努め、他国を尊重し、国際社会の平和と発展や環境の保全に貢献し未来を拓く主体性のある日本人を育成するため、その基盤としての道徳性を養うことを目標とする」



こんな価値観を持った若者が沢山いれば、組織も良い方向へ向かうのではないだろうか。

でも現実社会はそうはいきません。
企業は営利団体。だからこそ大半は売上を第一義に考える。
それはもちろん大事な事です。でもそれが先行しすぎて、物事全てを損得で考える様な人間になってしまっては本末転倒だと思います。
営利団体がなければ、僕たちが生活出来ないのも事実です。

NPO法人。
非営利団体。社会貢献を第一義に考える。

営利団体には出来なくて、非営利団体だからこそ出来る事って沢山あると思います。
そして営利団体の中では学べない様な事も学べる組織だと思います。
非営利だからこそ、人のためにを一番考える組織。それがNPO法人。
活動を全力でやっていく中で学ぶ道徳。そして人としての正しさ。

道徳教育なんて卓上では絶対に養えないと思ってます。
人財育成の鍵は、NPO法人の存在が握っているのかもしれない。

社会貢献第一義だから
人のために第一義だから

大切な事に気付かされる事って沢山ある。

そんな団体を目指しているのが私達学生団体YMTです。

7期も人のために第一義で突っ走ります。

学生団体YMT 総長

東京理科大学 中山翔太

2013年9月29日日曜日

IKJのある生活

皆さんこんにちは。
IKJ一生懸命塾後援、学生団体YMTで第6期副総長兼広報部長をさせていただいております、
早稲田大学政治経済学部5年、御手洗龍です。

本日をもって、第6期が終わります。
そして同時に第7期が始まります。
終着駅は始発駅、まさにこの事ではないでしょうか。

一般的な学校では終業式から春休みに入り、休みボケした頃に始業式が行われます。
しかしIKJ一生懸命塾ではモラトリアムはありません。
「一生懸命を節約しない」
こんな簡単な言葉に、全てが込められていると感じます。

世の大学生の皆さん、夏休みはいかがでしたか?
僕達は200人で一つの目標に向けてまっしぐら。
このTraining Campを経て、さらに12月15日のふぇすてばる絆&絆&絆に向けてスパートをかけています。
一生忘れられない出来事。
一生繋がっているだろう仲間。
一生語り継がれる瞬間。
たくさんのことが今も鮮明に思い出される、そんなIKJ一生懸命塾の夏でした。


さて、第6期とはこの塾にとってどんな期間だったのでしょうか。
2013年は、
「いざ!!未曾有の領域へ
 夢・ロマンへの突破力
  青雲の志への地響き」
というスローガンのもと始まりました。

僕が入塾した第3期からのイメージでは、
第3期に土地を整備し、
第4期に土台設計、セメント流し込み、
第5期でYMTという強固な地盤を作り上げ、
そしてこの第6期で様々な建造物を建て始めた、という感覚です。

今までは内側を固めていた。
しかし、この第6期から外部との接触をどんどん増やしています。
つまり、外に見せられるだけの中身が完成したということです。
そしてこの第6期では、福島県いわき市で開催するイベントを計画するという、
未曾有の段階まで来ました。

このIKJ一生懸命塾にとって、初めての体験ばかりの期間、それが第6期です。
1から100に増やすのと、
0から1を生み出すのは、後者のほうが圧倒的に大変だといいます。

輝/翔の発足、分隊長の創設、セクション掛け持ち、代表直轄組織など、
未だかつてない役割の多さと責任感、使命感の重圧に驚いた人も多かったと思います。
しかし、そんな初めてを乗り越えて、僕達はここまできました。

次に控える第7期。

僕もどんな組織体系になるか、わかりません。
しかし一つ言えるのは、建造物が建ち人が集い活気が出てきたこの組織は、

目立つ。

そして、他国と交渉をしていく段階に至る。
そう確信しています。


大学生という何でもできる自由な4年間。
この時間を、自分の次元に合わせて過ごすのは勿体無くありませんか?

誰も見たことがないことが体験できる。
ぶつかり合える一生ものの仲間ができる。
どんな時でも帰ってこれるホームができる。
そして、進むべき道を照らして示してくれる師匠がいる。

そんなIKJのある生活、あなたもしてみませんか?

以上です。
ありがとうございました。

社会人1年目と学生感覚

社会人1年目と学生感覚
こんにちは。副総長清水です。
今回はIKJで良く聞く社会人1年目という言葉と学生感覚について書いていきたいと思います。キッカケはあの野球選手2人でした。



先日プロ野球選手のマー君こと田中将大投手が偉大な記録を作りました。
開幕22連勝。そして昨シーズン通算26連勝という記録。本当に凄い記録をつくりました。とんでもない男になったという気持ちです。回りからも好かれ、奥さんにも恵まれ、今や出れば勝つというような雰囲気・オーラを持つ男となりました。凄い。

かたや斎藤佑樹。僕は彼のことを最近テレビで見なくなりました。かつてのハンカチ王子。故障した云々の記事はみたことがありますが、2013年の成績が出ていないところをみると出場機会すらもなかったように見えます。

皆さんは覚えていますか、あの2006年夏の甲子園を。田中将大率いる駒大苫小牧高校VS斎藤佑樹率いる早稲田実業高校。超白熱した熱戦を、テレビの前で興奮しながら見ていたのを覚えています。決勝再試合というまさかの展開。最後のバッターボックスに立ったのは田中。投げるは斎藤。当時勝ったのは斎藤佑樹。あれから7年。田中は即プロへ。斉藤は大学へ。同じ4年間を過ごしてきた彼らですが、今や圧倒的な差が開いている。当時とは明らかな逆転現象が起きている。それは言わずもがなかなと思います。どうしてだと思いますか。

斉藤が大学に行き、田中がプロに行ったことが、各々にどのように影響したかは別として、今自分がこの事実から想う事が一つあります。

それは社会人意識やプロ意識で活動をしてきた人間と、学生時代に学生感覚で活動をしてきた人間の差は埋める事ができないのであろうということです。どうしたって、田中が故障をしない限り、彼は上昇し続けると僕は思いますし、斉藤もまた1軍にのぼり成績を出していかない限り、この差は埋まらない。高校球児のときはまったく同じ土俵に立っていた2人が今やこの差。これは間違いなくプロという空間と学生という空間にいたことが差を作ったと僕は思います。まず間違いなく斎藤佑樹も大学という空間では必死にやっていたでしょう。同じ大学生という相手の中で切磋琢磨していたはずです。かたや田中将大は社会の大先輩の方々にもまれ、社会の中で求められる理想と戦ってきた。そして今の差になった。

だからこそ、IKJ一生懸命塾に通う皆や、このブログを読んでいる学生に言いたい。社会人というプロの舞台に、遅かれ早かれ必ず僕らは行きますよね。行ってから気付いて意識するのか、行く前からそんなプロの感覚で、社会人の意識で生活をしておくのか、それによって雲泥の差が生まれると想えてなりません。IKJ一生懸命塾の客員講師もまた社会経験を踏まえて仰ります。社会に出たら減点方式。だからこそ、社会に出る前にいかに評価される自分になっておくのか。これが大事だと。本当にそうなのだろうと思います。斎藤佑樹を反面教師にしろというわけではないですが、僕は田中将大になりたいと思います。
皆もそう思うのであれば、ぜひともIKJ一生懸命塾で、社会人1年目の感覚を知って、そんな意識で日々活動する学生生活をしてもらいたいなと思います。

以上で終わります。


IKJ一生懸命塾 CLUB the 一生懸命YMT 副総長 清水俊哉

2013年9月25日水曜日

FBの大切さ

こんにちは!IKJ 一生懸命塾 YMT 2番隊隊長 河原佑一朗です。



今日はFBの大切さについてお話させていただきたいと思います。


FB -フィードバック-とは、何か一つの物事を終えた際に、見えてきたポジティブな点、ネガティブな点を今一度振り返り、それを次にどう生かしていくかを考えるものです。


人というのは不思議なもので、過程にどれだけ問題があろうとも、曲りなりにも物事を達成してしまうと満足してしまうのです。


みなさんもそんな経験はありませんか?



もちろん、達成感を覚えたり、一生懸命の感覚や人と助け合う感覚などを磨くことはできると思います。


しかし、想いの面は強くとも、どこか心許ない。
きちんとFBをしないと、また再び同じミスを犯してしまうこともあるでしょう。



一生懸命やって犯したミスは、自分の本質を映します。
よほど意識しなければ自然に改善されるということはありません。



そこで、毎回の一生懸命、達成感という点を線にするためにFBが大切なのです。


やって終わりではない。
そこから何か学ぶことの方が大切なのです。


だからこそ、何かを一生懸命なしえたことに満足しきってしまうのではなく、しっかり点を線にしましょう。


この前行われた第三回トレーニングキャンプのFBはもうしましたか?
していないのなら今すぐ行いましょう!





ここで、もう一つ大事なことがあります。


それは、自分より上の人間にFBをもらうということ。



ともすると、自分のみ、あるいは自分とともにチームを組んだ横のみでFBを行ってしまいがちです。


しかし、それは自分たちの頭でしかない。


自分より立場の上の人間はどう感じたのか。


上の感覚を学ぶために必ずFBをもらいましょう。


そうすることで更に質の高いFBになるし、学びになります。


そして、それが出来るのがIKJ 一生懸命塾です。
常に上がいる。理想を見せ続けて下さる。


そんな環境に感謝して上にFBを貰いに行きましょう!





最後に、FBの持つもう一つの意味合い。


それが、「決」です。


何か現象を起こしたら、その決を取ることが大事です。


FBは一つの決を取る行動です。


余韻に浸りたい気持ちもわかりますが、いつまでもそれでは次へ進めない。


燃え尽き症候群になってだらだらと無駄な時間を過ごしてしまう。


そうならないためにもすぐFBを行い、次へ進んでいくことが大事なのです!





みなさんFBは済んでますか!?


トレーニングキャンプも終わり、第6期も終わろうとしています。


7期までのこの10日間の過ごし方がスタートダッシュを決めます!


皆さん!気を抜かずに再び帯を締め直し、第7期も邁進していきましょう!





IKJ 一生懸命塾 YMT 2番隊 隊長 東京大学 4 河原佑一朗

2013年9月24日火曜日





こんにちは!
IKJ一生懸命塾 CLUB the 一生懸命 YMT 3番隊隊長 早稲田大学4年の天満です。



今日は、 「縁」について話していきたいと思います。


人はよく「縁」という言葉を使いますね。
これも何かの縁、袖すりあうのも多生の縁、縁あってここに集う、等ですね。
「縁」とは、ゆかり、人と人とのつづきあい、関係を表す言葉です。

では、人はなぜ縁というものを大事にするのでしょうか。





そこで、人と人とが出会う確率を調べてみました!

すると、、、人2人が地球上で生まれ出会う確率
(
親となるホモ・サピエンス雄とホモ・サピエンス雌が出会った事が前提)



 
5023650000000000000000000000分の1




だそうです。
もはや読めませんね。


読み方は、5023(じょ)6500(がい)分の1になります。
これがどのくらいい大きいのか、まったく想像ができません。
これに更に自らが生まれ出でる確率を含めると、もはや無限に近い数になってしまうようです。




まさしく奇跡ですね。




IKJ一生懸命塾では、人と人との縁を大切にしています。
このあり得ない確率の中で縁したからこそ、意味がある。
偶然に偶然を重ねて縁した同志達だからこそ、共通の想いのもと時間とお金を犠牲にして一生懸命に取り組んでいる。
奇跡に奇跡に奇跡を重ねて出逢った恩師だからこそ、すべてを信じられる。



自分の自由な時間が減る?
学生時代が長すぎるだけで、社会人になっても遊んでいる人など十分にいる。

お金がないからバイトをしまくる?
社会人になったらお金など有り余るほどあるでしょう。
時間もそう。作ろうと思えばいつでも作れる。

今のうちに遊んでおこう!今しか遊べない!
といって遊んでも、その遊び欲が消えることはない。
どれほど遊んだからといって、将来遊びたくなくなるわけがないのです。
欲は溜め込むことはできない。
100時間寝たからあと100時間起きていられるわけではないですし、今食べまくったから一週間食べずに過ごすことなどできない。



では、社会にでるとわかっているならば、今遊ぶのではなく、それに対する準備をして然るべきなのではないでしょうか?



今遊ぶことにたいした価値がないのなら、しんどいと言われている社会に出るための準備をすること以外に答えなどないと思います。


誰だって、「これをやったら結果が伴う」とわかっていることにたいしては一生懸命になれる。
 
「やっても成功するかわからない、結果が伴うかわからない」そんなリスクのあることに一生懸命になれるからこそ、人と差がつくし、価値が見いだせるのだと思います。
 
遊ぶことなどいつでもできる。
時間とお金は作り出すもの。

 
ならば、自分の時間を自由に使うことのできる学生時代の今、人間力と言う目に見えないものにたいして一生懸命になってみるべきだと思うのです。


どうせ、学生時代に失うものなど何もないのです。
せっかくできた縁を大切にしていこう!



IKJ一生懸命塾 Club the 一生懸命 YMT 3番隊隊長 天満太郎