2013年11月30日土曜日

日本を取り戻すために

こんばんは!

天満部隊2番隊長新津慶太です。

11月も今日で終わり!
いよいよ12月!
2013年も早いもので、残り1か月となりました。

現在IKJ一生懸命塾では、来たる1215日「唄と踊りでココロをつなぐ ふぇすてばる絆&絆&絆」に向けて、準備が大詰めとなってきました。

12月から募金集中クールと名のもとに、これから毎日首都圏各地で募金活動を行います。
そして、塾内では毎日どこかしらのセクション、部隊のミーティングが行われています。


今までのブログを見て、活動の写真を見て、募金活動の現場を見て、IKJ一生懸命塾の活動を見て、IKJ一生懸命塾の塾生を見て
「何でここまでするのか?」
「何でここまで元気なのか?」
「何でここまで熱くなるのか?」
などなど、感想を持たれる方もいるかもしれません。

確かに、現代の社会において、
ここまで元気で
ここまで熱くて
ここまで一生懸命な
若者を見ることは稀です。
もしかしたら、異質に映るかもしれません。
おかしく思うかもしれません。

「何でここまで一生懸命になるのか?」
そう問われたら、私たちはこう答えます。

「日本を取り戻すため」

日本は素晴らしい国です。
人、文化、経済、食、技術、歴史、芸術、自然・・・・・。
誇れるものがたくさんあります。

実際、世界の人から日本という国は憧れの対象だということも事実です。

ここまで、素晴らしい国になったのも、
思いやり、誠実さ、勤勉さ、努力家、気配り、義を重んじる、おもてなしの心、仁愛、至誠・・・・

日本特有の心、精神が大きく関わっています。


しかし、戦後、日本人はその心を、いつの間にか見失ってしまいました。

高度経済成長を経て、モノがあふれる時代になりました。
そこでは効率ばかりがもとめられ、ノウハウが重宝され
貿易国の日本は
いかに早く、いかに多くのモノを安価で作るかが求められました。

学校教育は
エリート教育、詰め込み教育が各地でなされてきました。
そして、私たち今の大学生はゆとり世代とされ、ゆとり教育のもと育ちました。

全てが悪いことではありません。
エリート教育、詰め込み教育によって、世界学力調査における日本の順位がトップクラスを維持できていることも事実です。

ただ、それと同時に祖国への想いが薄れてしまったということも事実です。

「日本人が日本人じゃなくなってきている」と言われます。
これは本当に悲しいことだと思います。

自分自身、IKJ一生懸命塾で日本について学ばせて頂いております。

歴史、政治、演歌、映画など。。。。

知れば知るほど、日本に誇りを持つと同時に、今の日本の現状とギャップを感じます。


日本は古称で「大和」と言われていました。

学生団体YMTも「大和」から由来しています。

「大和」とは、古来より日本人が持つ、心情的特性を表した言葉。
「日本人の持つ、やさしく、やわらいだ心情。」と広辞苑にあります。

日本は農耕民族であり、島国です。

古くから、助け合い、支え合いの精神を持っています。

しかし、現在はどうでしょう。
町には、コンビニ、ファストフード店・・・が溢れ、人と会話をしなくても生活ができる世の中でもあります。

便利になりすぎたせいで、
人とのつながりが希薄となり
誰かのために、何かのために、一生懸命になる必要もなくなっています。

こんなモノに溢れた国なのに、成人の自殺率は先進国でダントツです。
33割」といわれる通り、世間では就活難といわれる中、ようやく内定を勝ち取っても、3年で3割の新卒社員が離職してしまうという現状もあります。
働く気力さえわかず、ニート生活を送る若者もいるのも事実。
若者の政治の無関心も深刻で、どんなに注目される選挙であっても若者の投票率50%を超すことはありません。
そのほか、日々暗いニュースがメディアを賑わせます。

こんな世の中だからこそ
「日本を取り戻したい」「日本の心を取り戻したい」
という想いで立ち上がったのが、私たちIKJ一生懸命塾です。

1215日に行われる
「唄と踊りでココロをつなぐ ふぇすてばる絆&絆&絆」
がその一つのきっかけになるでしょう。

国を想える、他人を想える若者たちが福島で奇跡を起こします。

全ては「日本を取り戻す」ために。


東京理科大学工学部4
天満部隊2番隊長新津慶太

2013年11月26日火曜日

こんにちは。
YMTで副総長をさせていただいております、早稲田大学政治経済学部の御手洗龍です。


11月も後半にさしかかりました。
もう夕暮れは17時前から始まり、夜が長くなる季節です。
僕達は1215日、福島県いわき市にて心の復興支援イベント、
「唄と踊りでココロを繋ぐ ふぇすてばる絆&絆&絆」
を開催いたします。
東北の冬がどれほど寒いかはわかりません。
しかし震災から2年と8ヶ月が経った今、3度目の冬は温かかったと言われるよう、
僕らに出来ることは何でもやります。


2013年夏から始まったこの「絆&絆&絆プロジェクト」。
気付けばあと3週間足らずでプロジェクトは完了します。
このイベントは学生団体YMTNPO法人勇気&まごころ&汗の会による共催です。
この2つの団体は総力結集で動き回り、
いわき市の後援をいただいたり、
いわき民報という地元紙に当イベントが掲載されたり、
民謡歌手の原田直之さんにゲストとしてお越しいただくことが決定したり、
様々な連携団体の方々と縁を共有しながら進んでいます。
しかし、僕らは外部で行うイベントなど初めてのことです。
なのになぜ、これほどまでに突き進むことができているのでしょうか。


それは「一生懸命塾」という、決して揺らぐことの無い城があるからです。
僕達はここで人生とは何か、人はどうあるべきか、社会人のあるべき姿はどんなだ、といった、
大学では決して教えてくれないことを学んでいます。
それは押し付けでも無理矢理でもなく、
僕達塾生が互いに語り合い、夢・浪漫を掲げて進んでいるのです。
この一生懸命塾には、僕達がもし間違った道を進みそうになったとき、
気づきと修正を与えてくれる、最高の大人たちがいます。
本音で向き合い、全てをオープンにして対峙してくれる本気の大人がいるのです。
これが、大学のサークルとの大きな違い。
これが、好きなもの同士で楽しくやっている損得の団体との違い。
「心の復興」という大義を掲げ、僕らが歩み続けていられるのは、間違いなく
この一生懸命塾の存在あってのことです。


学生だけでは決して味わえない。
あるべき姿、教育、しつけ、日本の未来、そんなことを本気で考えるようになれる塾。
この塾があるから、全ては始まっている。
僕はその中にいられてとても光栄です。
皆でこの城を互いに守り、大きくし、誇れるものにできるよう、
毎日を一生懸命生きましょう。


季節は冬。
けれども僕達の心は灼熱の魂で一杯です。


いざ、福島へ!

ありがとうございました。

2013年11月24日日曜日

50/50

こんにちは!
IKJ一生懸命塾YMT 野間部隊1番隊隊長、大山純暉です。

FORYOU精神。
塾生の皆さんにはすでになじみの言葉になっていると思います。
しかし、IKJ一生懸命塾に通うようになって初めて耳にした言葉だと思います。

「誰かのために、何かのために自らを犠牲にして考え行動する。」

では皆さんは普段の生活で、どれだけこのFORYOU精神を自分に落とし込んで行動しているでしょうか?

目の前で困っている人がいる。苦しんでいる人がいる。
そんな状況を目の当たりにしたときに、人は二つの想いが出てきます。

自分には関係ないから。自分さえ良ければそれでいいじゃないか。助けて自分に何の得があるのか。というような利己的で、自分本位な価値観。FORME。

困っている人の悩みを少しでも取り除いてあげたい。苦しんでいる人を少しでも楽にしてあげたい。そのために今自分は何ができるのか。と自分以外のことを想い、大切にするという価値観。FOUYOU。

その場その場で最終的にどちらを取るのもその人の自由です。
しかし、どちらに比重を置いた生き方ができるかによってその人自身の人生は大きく違ってくると思います。

FOUMEに比重を置いた生き方を選べば、
楽ができる。自分の好きなように行動ができるし、負担が少なくて済む。でも、周りの人はそんな自分を見て、良い気分にはならない。FORMEな人を自分が見ている立場だったらイメージしやすいと思います。

FORYOUに比重を置いた生き方を選べば、
自分自身は大変だし、苦しい時もある。自分がやらなくてもいいこともやるから、その分負担は増える。でも、周りの人から感謝されたり、時に周りの人が助けてくれる。そんな互いに助け合いながらいい関係を築いた人生になる。

どんな人でもFORMEな自分もFORYOUな自分も両方持っている。


私たち若者に必要なこと。それはこの2つの価値観を、自身の中でどうコントロールしていくかということだと思います。

FORYOUはFORMEを満たせてない人からはなかなか出てきません。
FORMEな自分もときには必要。FORYOUな自分がいたらなお良い。

最終的に普段から50/50な自分になれたらベスト!
私はそう思います。

皆さんは今までの人生の中で、また大学生活の中でFORMEに比重を多くかけていた人がほとんどだったのではないですか?
また、誰かのために何かのために頑張るということを教えてくれない大人が今の日本には多いように感じます。

FORYOU精神をはじめ、今の若者に不足していることをIKJ一生懸命塾は沢山教えてくれます。

そして12月15日にある「唄と踊りでココロをつなぐ ふぇすてばる絆&絆&絆」。
私たち塾生は全員運営側にまわります。
運営はFORYOUがなくては絶対にできません。
塾生全体のコンセプトは「ALLFORYOU」。

イベントを通して、今私たちに必要なFORYOUとは一体何なのか。それを肌で感じ、学んでいきましょう!!!

ありがとうございました。

IKJ一生懸命塾 YMT 野間部隊1番隊隊長 法政大学4年 大山純暉






2013年11月22日金曜日

内定は終わりじゃない、むしろ始まりだ!


こんにちは
IKJ一生懸命塾 YMT 坂本部隊1番隊で隊長やっております、
明治大学4年 吉村 直人です。


今回語らてていただくテーマは、
「内定は終わりじゃない、むしろ始まりだ!」についてです。



自分は今、大学4年生です。就活は今年の5月の半ばに終わりましたが、

それからもずっとIKJ一生懸命塾を続けています。

それは、IKJが好きだから!

IKJには、夢・ロマンを語れる、同志がいるから!

そして自分自身が成長し、社会で活躍できる人財になるため!

です。

 

「人ざい」には3パターンあると言われています。

一つは、言われたことはやる。可燃性の人材。しかし、会社にとって材料でしかない。

もう一つは、言われたことすらできない。不燃性の人罪。会社にいるだけで邪魔になる。

最後は、言われたこと以上のことができる。自然性の人財。会社の宝・財産。

 

そして、社会には2:6:2の法則というものがあって

人財 人材 人罪  2 : 6 : 2     というように分かれていると言われています。

つまり多くの人は6、つまり人材というわけですね。

 

皆さんはどれになりたいですか?

               

もちろん、人財ですよね!

 

就職活動を終えた多くの大学生4年生は、

今頃卒業旅行の計画を立てていると思います。

しかし、自分達IKJ一生懸命塾の塾生は

朝早くに募金活動をし、フロアでは夢・ロマンを語り、そして1215日のふぇすてばる絆&&絆に向かって日々一生懸命に頑張っています。

 

自分は内定してからが、この3つの「ざい」を決めるstart地点だと考えます。

内定をもらった時・入社した時、ほとんど皆の能力は同じでしょう。

しかし、内定してから入社してからのモチベーション度合いは全然違います。

 

それにより、将来に大きく差が出るのではないでしょうか?

こんな言葉があります        

「技術が二流でも、闘争心が一流なら必ずものになる。

 闘争心が二流なら、技術が一流でも朽ち果てる。

 闘争心が一流なら、技術も一流になり、成果も一流になる」

 

 

「最後の大学生活は、悔いないようにめちゃくちゃ遊びたい」

そう思うのも悪くないかもしれません

しかし、「叶えたい夢がある、やりたい仕事がある、かっこいい大人になりたい」など

という夢・目標があるのならば最後の大学生活、一生懸命頑張ってみてもいいかと思います。

 

自分の周りにいる多くの友達は、「社会人になるのが怖い、だるい」と言っています。

しかし、自分は違います!むしろ楽しみです!

ここIKJのおかげでミスマッチのない就職活動ができ、行きたい会社に行くことができた。

そして社会で活躍できる人財になるために日々努力をしている。

 

そう思えたのは、そう頑張れるのはIKJ一生懸命塾のおかげです。

 

ここIKJ一生懸命塾には、レッスンで最高の学びを与えて下さる講師の方々、

レッスンで学んだことをアウトプットする場があります。

 

今、メルトダウンしている1.2年生、就活を目前に控えている3年生、4年は人間力UP

一度来るだけでも、学びはあります!

興味のある人は、来てみてはいかがでしょうか。

一緒に社会で輝き続けられるような、そんな人財になろう!

 

 

以上です。


最後まで読んでいただきありがとうございます。

IKJ一生懸命塾 YMT 坂本部隊 1番隊隊長 明治大学4年 吉村 直人です。

2013年11月20日水曜日

歴史から学ぶ


こんにちは!
IKJ一生懸命塾YMT 天満部隊1番隊長の田口です。
今回は「歴史から学ぶ」について書きたいと思います。

2008年9月、何があったか覚えている人はいるでしょうか??

歴史に残るあの「100年に1度」と言われる
金融危機「リーマンショック」が起こりました。
引き金は米国、ポールソン前財務長官の「リーマンブラザーズに公的資金を投入する計画はない」という一言から始まり、GM(ジェネラルモーターズ)の破綻までと、その影響は全世界に及びました。
世の中は金の購入に向けて金価格が高騰し、
米国では財政悪化によるドル安、
日本ではドルから円へと凄まじいほど円高になりました。

とはいえ、「100年に1度」ということは、
100年前にも世界を揺るがせる事がありました。
それは、ニューヨークのウォール街で株価の大暴落。
そこから米国を中心に、歴史に名を残す「世界恐慌」が全世界に広がりました。

ここで疑問が浮かびます。
1929年に匹敵する事態が起きたのにも関わらず、
僕たちの周りではそんな影響を感じないのでは??と。
テレビや新聞で報道されたけれど、たいした事ないんじゃないか??と。

それは違います!やはり起きた事はとても大きな事だった。
では1929年以降の「世界恐慌」のような深刻なものにならなかったのはなぜか??

前回と今回には2つの違いがあります。
金融政策と財政政策が迅速に取れたからこそ軽減できたのです。

1929年には、金本位制だった為に機動的な政策はとれませんでした。
またケインズ政策(企業に金なし→給料が払えない→失業者増加→物が変えない→企業に金なし というスパイラルを赤字国債で打破する手段)のような有用な財政出動もなかったのです。
そして今回、米国は主に財政政策としてグリーンニューディール政策、
金融政策としてゼロ金利政策を取りました。


皆さんもお気づきかと思いますが、どちらの単語も一度は耳にした事があるのでは?
そうです!
1929年世界恐慌後に取られた政策「ニューディール政策」、
そしてバブル崩壊後、日本で取られた政策「ゼロ金利政策」です。

当時はどちらも前例がなく、ただ批判されるだけでした。
「ゼロ金利政策」に関しては、米国に「効果がない」とバカにされていただけでした。
しかしそんな中、国の未来を想って戦った
当時日銀総裁「速水優」という人物の意志が現在にも根付いているのです。
今では、どちらも経済を立て直す事において、
世界のスタンダードになっている事実があります。

前例のないことをする事に意味があるのではないでしょうか。
どんなに批判されても信念を貫いて、
大きな大義を持って前に進む事に意味があるのではないでしょうか。
僕たちは今IKJ一生懸命塾YMT
そんな前例のない未曾有の領域へと突き進もうとしています。
IKJの1塾生として、「国作りの為の人づくり」という大きな大義を掲げ、
確信と信念と誇りを持って突き進んでいきましょう!!
歴史を作っていきましょう!!

さあ、福島へ!いざ、実社会へ!!

IKJ一生懸命塾 YMT 天満部隊1番隊長 東京理科大4年 田口 凌