2013年12月30日月曜日

人生の旅行

こんにちは。
学生団体YMTで副総長をさせていただいております、早稲田大学政治経済学部の御手洗龍です。

なんと今、富士山麓山中湖からブログを書かせていただいております。
今日から23日で「三位一体ハッピーニューイヤー旅行」ということで、塾生約100人、絆会(OB)10人、社員約30人で、共々に来ております。

IKJ一生懸命塾は「三位一体・三者共益」という想いのもと運営されています。
これは会社・社員・塾生の三者が利益を同等に分かち合うという意味です。
今回のこの旅行、一般的に見れば有り得ないものに映るかもしれません。

・なぜ企業と社員とその顧客が旅行をするのか
4年生にとっては学生最後のお正月なのになぜ家族と過ごさない人が100人もいるのか
・塾なのにそもそも一体何をしに行くのか

こんな疑問が生まれて当然でしょう。
しかしそれは、IKJ一生懸命塾の旅行が一味違うからなのです。

IKJ一生懸命塾の旅行は「旅行」という言葉が似合わないと僕は感じています。
僕はなんと今年5度目の旅行なのですが、参加するたび思います。
「これは人間の癖や生活習慣といった根本を正せる学びの時だ」と。
そして、
「人生にはこんな楽しみ方があるのか」ということです。
本気の大人と一時的とはいえ生活を共にすることで、自分の悪い癖や習慣が見えてきます。
おかしい部分は気付きをくれます。修正してもらえます。
大学では決して教えてくれない、でも社会では大事なこと。
そんな当たり前の礼儀だったり習慣の「しつけ」をしてもらえることが、IKJ旅行の最大の魅力です。
そして、心底僕らを成長させようとする社員さんと、本気でぶつかれる仲間達と、様々な行事を行うことにより、
人生で本当に楽しいことって何か、が感じられます。

「誰とやるか」

共に過ごすのが誰かによって、娯楽の時間も学びの時間になります。
三位一体・三者共益。
資本主義のこの世の中で、これほど特異な考え方もないでしょう。
しかし、それだからこその学び。ありがたさ。
勉強ができても、顔が良くても、内定がとれても、まだ足りない。
導師との出会い、同志との出会い、絆、縁、誓。
そんな人生における素晴らしい経験が、IKJ一生懸命塾ではできるんです。

その集大成が、旅行。
人生の学びができる旅行。

ちょっと行ってみたいなと思ったあなた。
是非IKJに来てみ!

以上です!
ありがとうございました。

2013年12月28日土曜日

捉え方次第

こんにちは
IKJ一生懸命塾 YMT  野間部隊1番隊隊長 大山純暉です。

12月に突入してもうすぐ2013年も終わろうとしてますね。

しかし、就活生はこれからが本番!
ESを書いたり、早い企業ではもう選考が始まったりします。
4年生も卒論に追われている時期ではないでしょうか?

さらにアルバイト。
IKJ塾生ならば、それに加えて部隊活、隊活、組活、そしてイベント…
やる事が沢山あります。

いろいろと忙しくてなって来ますね!

今回は、「忙しさ」に対する捉え方について僕の意見を書いていきたいと思います。

今の日本の若者、特に大学生のほとんどはこの「忙しさ」というものに対してマイナスなイメージを持っているのではないでしょうか?
普段僕も大学にいると、「楽なことないかなぁ」とか「だるいなぁ」とかそんな言葉がよく飛び交っています。
それほど今の大学生にとってこの「忙しさ」は避けたいものの一つのようです。

でも僕は、忙しさっていうのは捉え方によってはとてもありがたいものなんだと最近気づきました。
それに気づかせてくれたのは、IKJ一生懸命塾のレッスンでした。

「忙しい」とは心を亡くすと書く。
テレビかなんかで芸能人が以前言っていました。

違います。
忙しいという字にある「心」とは、私達の中に不意に生まれてくる怠惰な心など、そういった雑念のことです。

つまり、忙しいとは、「雑念が亡くなる」ということなのです。

自分を追い込んでいけば、その分自分のやるべきことに対し、集中して取り組める。
余計な考えを持たなくなる。
このような捉え方が出来たらどうでしょうか?

前者より「忙しさ」というものに対して正面から向き合えそうじゃないですか?

辛いこと、大変なこと、キツいこと。社会に出ればそんなことが数えきれないほど自分に降りかかってくる。
そこから逃げることはいつでもできるし、誰でもできる。
ただそんな癖が一度ついてしまえばそれはなかなか元に戻らないと思います。

今ある程度自由な時間が持てる学生のうちに、いろんな価値観や考え方に触れて、良い癖を沢山つけておくことが必要です。

IKJ一生懸命塾では、鍛心無限大の集いやファンの集いでいろんな人の価値観や想いに触れて、自分に新たな視点、新たな捉え方に気づかせてくれます。
語りを通して、レッスンを通してそこに今まで自分が出会ったことのないものに出会えます。


同じ現象に対して、マイナスな捉え方をするよりも、プラスな捉え方ができる。そんな自分になった方が、これからきっと良い人生を歩んでいけると思います。

今回は忙しさというものを通して、プラスな捉え方をする癖付けが大事だということが皆さんに伝わってくれたら幸いです。

ありがとうございました!

IKJ一生懸命塾 YMT 野間部隊1番隊隊長 法政大学4年 大山純暉

2013年12月26日木曜日

損得就活からFORYOUな就活へ


こんにちは!
IKJ一生懸命塾YMT 坂本部隊1番隊で隊長やっております、
吉村直人です。


就活解禁から早くも1ヶ月が経とうとしていますね。
今回は自分自身の経験談を踏まえて、就活について書かさせていただきます。

 
自分はですね、損得な就職活動からFORYOUな就職活動に変わりました。
 

IKJ一生懸命塾に入る前の自分は、食品メーカーにいきたいと考えていました。
理由は有名だからとか給料なかなかだとか。すごく損得な就職活動をしていたんです。

 
そんな自分が変われたのは、IKJ一生懸命塾のYMTの活動のおかげです。
この塾で損得な就活からFORYOUな就活に変われたんです。
 

自分は去年の129日に入りました。

IKJ一生懸命塾に入る前、すごく損得人間、そして自信のない人間でした。
誰かの為に何かをするとその人が成長して、自分を追い抜かしてしまう
それがすごく怖かった、不安だった。だから何もしない自分でした。
そんな自分は就活を目前にして自信がなかった。

だからIKJ一生懸命塾に入った。
最初、レッスンを受けてすごく刺激をうけた。
でもYMTの活動に参加したいとは一切思わなかったんです。
なぜなら就活の為に入ったから。必要ないと思っていたから。

 

当時の私は、YMTの活動で得たFORYOUが就活の軸になるなんて思ってもいませんでした。
 

自分がかわれたきっかけは塾にいる人と環境のおかげです。


この塾にいる人が自分に何かしてくれることは、
損得じゃなくて心からしてくれているなと感じました。
この塾の人なら信頼できるなと思いました。そして心から感謝することができました。


そして年3回あるイベントを通じてこの塾すごいな、
イベントで頑張っている皆の姿、輝いてる姿を見て感動しました。
IKJ一生懸命塾のために頑張ってみたいって思えるようになりました。


それ以降、自分の中のFORYOUが引き出されていきました。
これにより就活に対する考え方が変わりました。
FORYOUが軸に加わったんです。

そしてFORYOUが身について

自分の限界を突破することができるようになったんですね!
 
エピソードはたくさんあります。その中でも2つ。

   就活でいっぱいいっぱいになっても辛く感じることがなくなりました。以前よりも会社説明会の訪問が多くなりました。IKJのためにと思うことで、就職活動に今までよりも真剣に取り組めました。

面接が全然通らなくてスランプに陥った時に、立ち直ることができました。自分がネガティブになったらどうなる?って思うことができたんですね。

みんなが頑張ってんだから俺も頑張ろうって思えました。

前の自分よりも限界突破することができたんです!

辛い時に誰かの顔が浮かんで、信じられないくらいの力が出てきて頑張れたんです。


人は自分のことよりも誰かの為の方が一生懸命に頑張れる生き物。

 
だからこそ就活をしている皆には
FORYOUを身につけるために、とにかくYMTの活動に出てみて欲しい。

 
損得だった自分が変われたからこそ言いたいです。

「一生懸命の先に無駄なことなんて何一つない!」

皆には一生懸命に就職活動に取り組んでもらいたいです。一生懸命に頑張ればきっと悔いのない就活ができる。

そしてその中にFORYOUがあればもっともっと頑張れる。
FORYOUが身に付けば、限界突破することができる
だからこそFORYOUな就活をして欲しいなって思います。

 
就活は今後の人生を変える大切なイベントです。
だからこそ辛いかもしれない。ネガティブになるかもしれない。
スランプに陥ることもあるかもしれない。
そんな時には、仲間の存在が必要です。

ここIKJ一生懸命塾には一緒に就活を頑張れる仲間がいる、親身になってくれる講師の方がいる。この塾を信じて悔いの残らない就職活動をして欲しいなと思います。

最後まで読んでくれてありがとうございます。


IKJ一生懸命塾YMT
坂本部隊1番隊隊長  吉村直人

2013年12月24日火曜日

人間らしさ



こんにちは!
IKJ一生懸命塾YMT 天満部隊1番隊隊長の田口凌です。

僕はこの1年を振り返って人間になった。人間に近づいた。そんな1年間でした。
1年前の僕は、自分の欲望を十分満たしている人ほど幸せ。お金、社会的地位時間があれば、必ず幸せになれる。だからまずは社会的に有名な会社に就職して、今まで通りなにやってもある程度成功するだろう。その為にとにかく自分磨きをして社会で早く働きたい!その為にも、他人と関わるとエネルギーを使うと思って、好きな人以外とは交流しない。自分にとって損か得か、得なら覚えておいて実践してみようと取捨選択して、世の中を頭の中にある方程式に当てはめていました。

IKJでもなかなかそんな自分は捨てられず、良いか悪いかも感じないただ消費しているだけの時間が多くなり、本当に自分が何をしているのか、何の為にしているのかと自問自答、何も感じられないのに、なんで「どうだった?」って聞くの?なんでレポートを書くの?と思った時もありましたが、とにかくIKJに通い続け、とにかく前に進み続けた毎日でした。

初めはそう感じていたけれど、1年を振り返ってみると今まで経験してきたどの1年よりも充実した、有意義な期間でした。こんなに成長した事ないってくらい!不思議となにがあったから成長したとは明確に分からないけれど、この1年が妙に鮮明に心に残る1年でした。

今になってこう思います。世の中は方程式に当てはめられる程簡単なものでない事。
そして人は人でしか磨かれない!
どんなに頭が良くて、どんなにスキル、ノウハウがあっても限界がある。
一人の人間って本当にちっぽけな存在なんだって。
人と人とが語り合い、ぶつかり合い、想い合う事でしか得られないものがある。育まれないものがある。目には見えない、頭では理解できない、愛、感謝、絆…。人の成長にめちゃくちゃ必要なもの、人間らしさだと思います。
それが人間力であり、無限の可能性だと思います。
その根源は感じるという事。 IKJの活動を通じて、心から湧いてくるような喜び、楽しさ、悲しみ、悔しさ…を毎日感じ、一日一日が今では鮮明に胸に刻まれています。その積み重ねが人を作り、分熱い人間になっていきます。

頭で考えているだけのロボットはもったいない!
せっかく人間として生まれたのだから、心で感じ心から躍動出来る人間に!

このブログを読んで少しでも「感じるっていいな」と思ってくれたら幸いです
ありがとうございました。

IKJ一生懸命塾YMT
天満部隊1番隊隊長 田口 凌

2013年12月22日日曜日

逃げない、負けない、諦めない



みなさんこんにちは。

IKJ一生懸命塾YMT 河原部隊一番隊隊長の坂本です。

 

今回のブログでは、
私の原点について書きたいと思います。

遡ることIKJ一生懸命塾、第6期。
隊長になりたての私。
初めてのリーダーの経験に戸惑い、

何をやってもうまくいきませんでした。

自分の力不足で仲間を手放してしまうことも何度もありました。

自分の力の無さに、

自分の不甲斐なさに、

どうしようもなく落ち込んでいた時、

正直、どうすればいいか分からなくなっていた時、

IKJ一生懸命塾の社員さんにかけて頂いた言葉があります。

 


「どんなに辛くても、苦しくても、上手くいかなくても、逃げなければ負けなければ諦めなければ大丈夫」


という言葉でした。


この言葉が私自身の原点となっています。

 

この言葉を胸に、とにかくどんな状況でも

「逃げない、負けない、諦めない」

ということだけは貫いてきました。

 

逃げなかった、負けなかった、諦めなかったその先に

 

仲間の笑顔がありました。

仲間からの信頼がありました。

自分自身の成長がありました。
感激がありました。

感動がありました。

感謝がありました。

 

あの時、逃げていたら負けていたら諦めていたら

絶対に得ることができなかったであろうものがそこにはありました。



生きていれば辛いこともあるでしょう。
苦しいこともあるでしょう。
上手くいかないこともあるでしょう。

でも、目の前の現象から逃げないで戦って欲しい。
一生懸命戦って欲しい。

社会との戦い。
親との戦い。
自分自身との戦い。

諦めなければ道は開けます。

一生懸命のその先に無駄なことなど何一つありません。

 

 

「いくら辛くて 長くても

 春にならない 冬はない」

 

北島三郎さんの『人生山河』

という演歌にこんな歌詞があります。

 

今は寒い冬でも、

いつか必ず暖かい春が来ます。

 

だからこそ、目の前の現象から

逃げずに頑張ってみませんか。


逃げたくなったとき
負けたくなったとき
諦めたくなったとき

少しでもこのブログのことを思い出してくれれば、幸いです。

IKJ
一生懸命塾で共に、

「戦える人財」を目指して
頑張っていきましょう!

 

IKJ一生懸命塾YMT

河原部隊一番隊隊長 千葉大学4年 坂本心