2014年5月26日月曜日

楽は一瞬、悔いは一生

こんにちは!

部隊ELEPHANT1番隊で隊長をさせていただいております。東京理科大学4年の河野寛生です。




「楽は一瞬、悔いは一生」

この言葉は私の21年の人生を通して体感した言葉です。




高校時代・・・

私はサッカー部に所属していました。練習は週6日。朝練習のために毎日5:30に起床。実家から1時間半かけて高校に通っていました。

更には進学校だったため勉強にも励んでいて特進クラスに所属。大学受験のために必死で勉強をしていました。

 

 

しかし、私は両立することができなかった。

 

 

そして、部活を途中でやめる決断をしました。

 

そのとき、“これで勉強時間が確保できる”“もうつらいことをする必要がない”と嬉しがっていたのを覚えています。

 

しかし、その嬉しかった気持ちは“そのとき”、つまり一瞬だった。

 

無事大学受験が終了し、大学生活をおくっていて高校時代を振り返ったときに、なぜあの時部活をやめてしまったのだろう。最後まで続けていればよかった。そうすれば大学でもサッカーに打ち込むことができたのではないか。
 
 
と後悔したのを覚えています。
 
 
そして、何にも打ち込むものがない大学生活。ものすごく無難な生活を送っていました。目の前のことをとりあえずこなしていく生活。自分がなんのためにやっているかなんて全く考えませんでした。
 
 
このように意図目的のない大学生活が1年過ぎ、2年目に入ったとき、私はIKJ一生懸命塾に出会った。
 
 
そこで私は一つ決意をしました。
 
「絶対に最後まで続けよう。もし、途中でやめたりしたら絶対に高校時代の二の舞になってしまうだろう」
 
 
IKJ一生懸命塾に入塾して23か月。
 
本当にいろいろなことがありました。楽しいこともあればつらいこともありました。
 
しかし、一度も”やめよう”と思ったことはありませんでした。
それは、絶対に一生分の悔いが残るであろうとわかっていたから。
 
 
大事なのは継続すること。
最後まで続けることができたもののみに見ることのできる光景がそこにはあります。
 
 
いま、IKJ一生懸命塾で大きな壁にぶつかっている人もいるでしょう。なにか悩んでいる人もいるでしょう。
 
しかし、ここで諦めてしまったらなにも残らない。
せっかく入塾したのであれば最後まで続けよう。それが自分の財産となる。
 
 
目の前の楽をとる自分より、一生分の財産を得ることのできる自分になりましょう。
 
最後までありがとうございました。
 
 
第8期YMT
部隊ELEPHANT1番隊隊長 
東京理科大学4年 河野寛生

2014年5月21日水曜日

カウントダウン

 こんにちは。 
 女夢綴り会で会長しています、日本大学の宮地沙季です。

 5月も残すところあと10日となりました。時が経つのははやいですね。IKJ一生懸命塾でもカウントダウンが始まっています。そう、6月に行われる、All Star Festival に向けてのカウントダウンです。それぞれの部隊でも練習が始まっているようです。

 IKJ一生懸命塾では年に3回ほど、イベントが行われます。そこでは各々が練習を重ね、熱い魂のぶつかり合いがあります。イベントは塾生にとって帰属意識や競争原理が働き、多いに成長する機会となります。
 
 私自身、イベントがきっかけで成長することができました。もともと闘争心がありませんでした。負けるくらいなら戦いたくない、競いたくない。そんな想いから、逃げてばかりいました。しかしイベントを通して隊のみんなが好きになり、隊の為に何かしたい、帰属意識が湧きました。そこから役職者を目指しました。役職をいただくと、同じ役職者に対して、負けたくない、と闘争心を燃やすようになりました。負けたくない、と思うと人は想像以上に頑張れるものです。競争原理が人を成長させてくれます。イベントは私の成長のきっかけとなりました。

 そんなイベントがあと30日後にあります。IKJ一生懸命塾の塾生はどれだけ成長できるでしょうか。一生懸命になったぶんだけ、いっぱいいっぱいになったぶんだけ、ひとは成長できます。のこり30日、共に最期まで駆け抜けていきましょう。


最期まで読んでくださりありがとうございました。

2014年5月19日月曜日

輝いている人

こんにちは!第8期YMT 部隊ELEPHANT2番隊の隊長をやらせていただいてます、帝京大学4年の大迫晃です。

みなさん、輝いている人になりたいですか?

いや、別に輝かなくてもやっていけるよ…。
という人は、自分がネガティブになっていませんか?

輝かず、くすんだ人になっていきたい!なんて思う人は、相当希有な人だと思います。
つまり、ほとんどの人が、輝いている人になりたいと思っているのではないかと考えます。

約3年前、 IKJ一生懸命塾に入る前の自分は、「自分は輝けるような人じゃないし…」
と思っているネガティブ野郎でした。
そんな風にどちらかというと、自分を卑下しながらかつ、周りに悪く思われたくない八方美人な自分がいました。
なので、高校生の時の同じクラスメイトで、常に素の自分でいられる人が輝いて見えていました。
思うがまま、周りを変に気にすることもなく、無邪気で自然に努力し頑張っている人が本当に輝いて見えていたのです。

「あいつ、輝いているな。うらやましい。」

高校と別の環境で、自分を頑張って変えようという想いもある中で迎えた大学生活。
色々な人と出会い、つながりを増やして、社会人になっても共にやっていく。
そのための準備をする中で、自分改革もして行こう。
それなりに意気込んで臨んでいました。

でも、大学に入って愕然としました。
言葉のままに真面目がバカをみる世界。
「単位さえとれればいい。」「楽しければなんでもあり。」「大抵のことは大学生だから大目にみてもらえる。」「人生最後の夏休み。」
友達に聴く限り、ほとんどの大学が似たような光景。
出席をせずに単位がとれたことを、誇らしげに語る学生。
輝いている人とは、ほど遠い。

全員が全員とは言いませんが、こんな状況がもう当たり前。

「無邪気に努力している人なんてどこにいるの?」

そんな環境にどこか諦めようとしていた6月に、IKJ一生懸命塾に出会いました。
はじめは「一生懸命塾」と聴いて、名前に圧倒されました。
でも、その環境にいた人は、大学とは違い、「頑張って成長しよう!変わろう!」と努力している人たちでした。

「輝いている、輝こうとしている人がたくさんいる!」

その環境、IKJ一生懸命塾に通ってもうすぐ3年。
1年生だった自分も4年生となり最後の学生生活の一年。
そんな中で、少しは輝いている人に近づいて来たと感じています。
「自分は輝けるような人じゃないし…」と思っていた自分はどこにいったのでしょう?というくらいに、成長することができました。

輝く人財目指して頑張っている人がたくさんいるこの環境に身をおくことが何よりも自分を変えてくれたことだと思っています。

これからもっともっと輝いている人になって行けるよう、もっともっと無邪気に一生懸命に、日々努力していきます。

輝いている人になりたい!成長したい!変わりたい!
環境が大事です。

以上です。ご精読ありがとうございました。

IKJ一生懸命塾 学生団体YMT 第8期YMT 部隊ELEPHANT2番隊隊長 

帝京大学4年 大迫晃


2014年5月15日木曜日

自分を貫く

こんにちは。
部隊グランパス2番隊で隊長をやらせていただいています、奥野正太郎です。
最近思っていることがあります。それはどれくらいの人が自分らしく、周りに流されず、自分が正しいと思ったことを言い、自分が正しいと信じた道を貫いているのだろうか。

僕自身IKJ一生懸命塾に入る前は、周りに合わせ、言いたいことが言えず、いつも自分に嘘をついて生きていました。ただこのIKJ一生懸命塾に入り、このIKJ一生懸命塾の一生懸命がばかにされない環境で、出る杭が伸ばされる環境で、自分らしく、自分に正直に生きられるようになりました。

僕が生きる上で大切にしたいのは「義~利他愛~」。
周りを気にせず、自分が正しいと思ったことを言おう。自分らしく、自分に正直に生きよう。自分が正しいと信じた道を貫ける。そんな人間でありたい。

ただ自分が正しいと思っていれば、何をやってもいいというわけではない。
例えばお金が大好きな人が、お金の為に周りを傷つけ行動する。これも一つの義ではある。自分が正しいと思っていることをやっているから。
ただなんか違うよね。
僕が大切にしたいのは「義~利他愛~」。
自分が正しいと信じたことをやる。その正しい、間違っているの判断に利他愛という価値観を持とう。誰かの為に頑張るからこそ、意味がある。誰かの為に行動することが、自分自身の正しい道なんだと思えるような自分づくりをしていこう。

僕はこのIKJ一生懸命塾で「義~利他愛~」を持った人間を目指し、成長したいという想いの下に集ったたくさんの仲間たちと共に、日々切磋琢磨し、活動しています。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

2014年5月12日月曜日

確乎不動たる自分か?

みなさんやってまいりました。
IKJ一生懸命塾で部隊LEO二番隊隊長やっています、立教大学四年の川野将裕です。


今回は「確乎不動たる自分か?」というテーマで書かせてもらいます。


そもそも、確乎不動とはなんなのか?
確乎不動とは「己を信じ動じぬさま」という意味があり、自分の生き方を他人に意見に左右されず、自分の思いや信念に従い貫いていくことです。


はい、ここで自分の話になるのですが、自分はIKJ一生懸命塾に入塾して間もなく三年になります。


入塾当初の自分は誰かの意見に流されることが当たり前で、自分の意見という概念すら持ってはいませんでした。


しかし、そんな自分を本当に変えたくて、むしろ「自分のいない生き方」をしたくはなく、確乎不動たる自分になる、社会に出てもぶれない軸を身につけるという意気込みで今まで多くの困難に闘ってきました。


もちろん、失敗や辛さもたくさんあり多くの人との衝突もありました。


しかし、自分は思うんです。


自分がまた確乎不動たる自分になりたいように、目の前の人間も確乎不動たる自分でありたいと本気で生きていると。


IKJ一生懸命塾には、そんな本気になれる同志がいます。


なぜならば、どのような困難にも逃げない、負けない、諦めないという思いで本気で挑んでいるからです。


自分は、こう思います。


自分という人間はとても弱い男だと、と同時にどこまでも強くなれる人間だとも。


自分は三年間という月日の中で語りを約1000人以上と語っていました。
そして、いつどのような時も本気で一対一で向き合ってきました。


それがどのようになったか、


自分の心の中に約1000人の確乎不動を貫こうとする生き様が残るのです。


自分はこれから一人で闘う場面が出てくるでしょう。
しかし、一人で闘っている気にはなりません。いつの時も、自分の心には1000人の人とともに闘っているのです。


IKJ一生懸命塾にはそんなひと人々がたくさんいる。
そして、これからも自分はそんな確乎不動たる自分にならんとする人々とともに、これからも闘っていくことをここに書きます。


以上で今回のYMTブログを終わりたいと思います。
ありがとうございました。

2014年5月7日水曜日

自己紹介を究める



こんにちは。IKJ一生懸命塾 私設応援団 団長の野間です。

ゴールデンウィークも終わり、皆さんいかがお過ごしでしょうか?
色んなところに出かけた方もいるのではないでしょうか??

僕もこの期間で2回ほどお出かけをしました。行先は○○会社と、△△会社。
そう就職活動です。

最近就職活動とIKJ一生懸命塾の活動をやっていて思うことがあります。

「自己紹介をする機会って結構多いな。」

先日の選考で面白い自己紹介をやったので、そのことから今回はブログを書いていこうと思います。
エレベーター・ピッチという自己紹介です。簡単に言うと30秒で自分を紹介するというもの。元々アメリカのシリコンバレーで生まれたもので、エレベーターでたまたま乗り合わせた大物投資家の方に、自分の事業を説明して売り込もうというもの。エレベーターが目的の階に着くまでの約30秒が起業家たちにとっては勝負の時間となるわけです。

短い時間でどれだけ自分に興味をもってもらえるか。分かりやすく説明できるか。

就職活動は“自分という商品”を売り込む“営業”とも言われます。
売り込むためには、当然その商品についての知識を持っていなければいけません。そしてそれを分かりやすく伝えられなければいけません。


皆さんはどれだけ自分のことを知っていますか?
どれだけ分かりやすく伝えられますか?

IKJ一生懸命塾ではこの2つを思う存分鍛えられると僕は感じています。

自分のことは知っているようで、知らないことが多い。

僕はIKJでの初めての組語りを今でもはっきりと覚えています。
 その時のテーマは「なりたい理想の自分像」。
こんなことは今まで考えたこともなかったし、語ったこともなかった。
それでもその時、漠然と「こんな大人にはなりたくない」「こんな人が格好いいと思う」というイメージだけはありました。
そのことをポロっと口にしたら、IKJではお馴染みのWhy?の追求です。
何故そう思うの?何故?何故??
とにかく当時の組長、他の組員の方々から質問攻めにあいました。
大学でこんなに質問されたことないし、自分でも深く考えたことがなかった。
それでもその場で「何でだろう」と考えて話すことができました。
自分でも不思議な感覚でした。驚きでした。
俺こんなこと考えてたんだ!俺の中であの経験ってかなりデカイものになってたんだ!!
質問されることで頭をフル回転させて考え、そして自分の口から出てくる言葉の11つが自分のことなのにとても新鮮でした。

組語りはほんの一例ですが、とにかく色んな活動を通して自分を知ることができた。

そして自分を知ったら次はどんどんアウトプット。
自分はこんな人間で、こんなことを感じて、今はこんな目標で頑張っていて、将来はこんなことをしていきたい。言えば言うほど、自分の中で確固たるものになる。何回も言えば自分が一番伝えたいところがどこなのか、自分が大切にしているものが分かってくる。

そんなIKJ一生懸命塾で活動してきたからこそ、
就活の選考で急にエレベーターピッチをやると言われても、すぐに手を挙げてやることができました。
30秒だったらこれだけは伝えたい。
1分ならこれも話せる。
3分だったらこのエピソードも付け加えよう。
10分なら過去から話せるな。

今ならどれもできると思っています。

自己紹介って就活だけでなく、今後生きていく上で絶対に必要なことだと思います。

IKJ一生懸命塾でここまで自分を知れるのも、一生懸命な人が沢山いるから。
人が人を磨くと言われるように、人と触れ合うことで自分の特徴が見えてきます。
一生懸命やることで新たな自分と出会えます。

自分を知り、自分を知ってもらう。
ここIKJ一生懸命塾で自己紹介を究めていきましょう!!


IKJ私設応援団 団長 東京工業大学 野間雄介

2014年5月3日土曜日

諦めない

こんにちは。部隊ELEPHANT1番隊で隊長をさせていただいております。東京理科大学4年の河野寛生です。


今回みなさんに伝えたいことは「諦めないことの大切さ」です。


突然ですが皆さんはいっぱいいっぱいになった経験がありますか?
物理的に、時間的にではなく精神的いっぱいいっぱいです。ならなければいけないことはわかっているけれども、なかなかやる気が起きない。なかなか仕事が進まないという経験はありますか?


私は、IKJ一生懸命塾で精神的いっぱいいっぱいを体験しました。自分が今までに直面したことのない大きな壁にぶつかり、自分自身の弱さを実感しました。自分自身の無力さを実感しました。
しかし、誰だって弱さはあります。誰だって苦手な分野があるのは当たり前です。


大事なのは、その次の行動。自分が直面したことのない壁にぶちあったったときに人は2種類の行動をとります。
一つ目は、目の前の壁から逃げる人。
二つ目は、とことん壁にぶつかり諦めることなくどうしたら乗り越えることができるか考え、乗り越える人。




あなたはどちらの人になりたいですか?




私は後者の人のほうがかっこよく楽しい人生を歩んでいるのだと感じます。

そして、そんな乗り越えることのできるパワーを身に着けることのできる場所がIKJ一生懸命塾で
す。

大学やアルバイト、サークル活動では体験することのできない、あなたが想像している数十倍もの経験をIKJ一生懸命塾ではすることができます。


社会に飛び立つ前の大学生時代。

あなたはどのように過ごしていきますか。

人生の夏休みだと思い、適当に授業を受けて、とりあえず単位をとって、とりあえず卒業する生活を送りますか?


私はいっぱいいっぱいを乗り越えるパワーをつける時期だと考えています。
そのためにも諦めない精神を身につけましょう。

目の前の壁から逃げることなんていつだってできます。

ならば焦って逃げる必要なんてない。



IKJ一生懸命塾でいっぱいいっぱいを乗り越えることのできる諦めない精神を身につけ、社会で活躍できる人財になりましょう!


最後まで読んでくださりありがとうございます。



学生団体YMT 部隊ELEPHANT1番隊隊長
東京理科大学4年 河野寛生















2014年5月1日木曜日

自分に厳しく、人に優しく


第8期学生団体YMTの部隊GRAMPUS一番隊で隊長を務めさせて頂いております、名倉誉裕です。


よろしくお願いします。



GWに突入しましたが、皆さんダラダラしていたりしませんか?
あまり怠けず、日々を充実させて過ごしていきましょう!




まず最初に、皆さんに質問したいことがあります。



自分に厳しく生きることはできていますか?



僕は、人は大きく2つに分けることができると思います。

一方は、自分に甘い人間。

もう一方は、自分に厳しい人間です。



どちらの方が人としてより魅力があると思いますか?




僕は元々、人一倍自分に甘い人間でした。



つらいこと、きついこと、困難なことがあると、すぐに逃げ出すような人間でした。


人が見ているところでは頑張っているフリをし、人が見ていないところでは手を抜いて
適当にやっていたのです。


大学生になり、一年生の時は大学のよさこいサークルに所属し、二年生の時は外部のそこそこ有名な学生団体に所属して活動していました。


普通に楽しい大学生活は送れていました。


人一倍色々なことを経験してきた自負心はあるし、大学生活に満足しているつもりでした。
ただ、どこか心が満たされない自分がいたのです。


そう言えば、大学生活を過ごしてきた中で、友達はいても、本当の仲間、親友、同志と呼べる存在を作れてこなかったな・・


そんなことを思っていた時、IKJ一生懸命塾に出会いました。



正直、最初は半信半疑でした。一ヶ月経ったら、辞めようと思っていたのです。




それから今まで8ヵ月が過ぎました。そして、入塾当初には考えられなかったぐらい、僕は成長することが出来るようになりました。



IKJ一生懸命塾の良さはレッスンだけではありません。


この学生団体YMTという最高の組織があり、日々活動している中で、仲間と互いの夢や志を語り合ったりしています。


僕達のような大学生だけでは気付かない過ちを、先生方を初め、様々な大人の方々が指摘して下さり、指導して叱って下さるのです。


今の世の中、一体誰が僕達大学生を叱ってくれるでしょうか?


その素晴らしい中で、僕達は過ちを直し、人として成長していくことが出来ます。僕自身も、たくさん叱られ、その中で成長してこれたのです。


学生団体YMTという組織の中で、僕は多くの人と語り合ってきました。


役職もいただき、体力的にも精神的にもいっぱいいっぱいを何度も経験してきました。


そうやって活動していく中で、自分の中に確固たる軸を見つけることが出来たし、自分に厳しくなれるようにもなってきました。




人は自分に厳しく出来るようになれば、自分に自信もつくし、堂々と出来るようになります。




自分に厳しく出来るからこそ、人に本当に意味で優しくなれるのです。



本当の意味で優しくなれるからこそ、心から人を褒めることが出来るようになるし、相手のことを想って指摘できるようにもなります。





自分に厳しく出来る人の言葉には説得力があるし、言葉に重みがあるのです。




ここまで読んでくれた人の中には、「じゃあ自分に厳しくなるにはどうすれば良いの?」と思う人もいるかもしれません。



自分に厳しくなるにはどうすれば良いか?



僕は、物事を継続することだと断言できます。


それもただ継続するだけではありません。


大切なことは、人が、やった方が絶対良いと思いつつも、面倒くさがってやらないことを継続してやることです



自信を持って言えるのですが、これは確実に自分に自信が持てるようになります。



特におすすめなのが、毎日必ず30分間走ることです。


雨の日も風の日も、体調が悪い日も走り続けてみてください。


一ヶ月も続けてみたら、なぜおすすめかが分るようになります。
それぐらい効果が高いです。


面倒くさいなと思うことほど、自分に厳しく取りくんでみて下さい。
必ず成長できます。僕がそうでしたから。




IKJ一生懸命塾の4Fフロアは、今日も活気に溢れていました。




皆が目を輝かせながら、共に明日に向かって語り合っているのです。



就職活動が不安な就活生、今の現状に満足していない大学生に僕はぜひ言いたい。




一度このIKJ一生懸命塾にきてみて欲しい。


君が今まで探していたものが、ここにはきっとある。


本当の仲間が、同志がここにはたくさんいる。



そして、IKJ一生懸命塾に入塾した時には、ぜひ僕と語ろう。



まだ見ぬ君とIKJ一生懸命塾4Fフロアで出会えるのを心から楽しみにしています!




IKJ一生懸命塾 学生団体YMT 第8期部隊GRAMPUS  一番隊隊長 
早稲田大学4年 名倉誉裕