2015年7月27日月曜日

働き方

こんにちは。
IKJ一生懸命塾にて、第10期学生団体YMTで部隊GRAMPUS2番隊の隊長を任せていただいております、電気通信大学の葛西です。

このブログを見てくださる方には、既に働いている社会人の方もいれば、これから社会に羽ばたく学生の方もいるかと思いますが、そんな皆さんに1つお尋ねしたいことがあります。

それは、

「どんな働き方をしたいですか?」

ということです。


人によって、いろんな働き方があると思います。夢のために我武者羅に働く働き方もあれば、効率良くお金を稼ぐ働き方、義務感で毎日を淡々とこなす働き方もあります。

どれが良くて、どれが悪いということではありません。しかし、自分がどんな働き方をしたいのかを考えることが重要だと私は思います。

多くの男性の方にとって、仕事は一生していかなければならないものです。女性の場合、専業主婦になる方はそうではないかもしれません。しかし、昨今は女性の社会進出も当たり前になっており、女性幹部も増えてきていることを考えると、男性も女性も関係なく、仕事というものに向き合っていく必要があると思います。

少なくとも私は、仕事と人生を切り離して考えてほしくはない、と思っています。

80歳まで生きると仮定すると、約40年間働くことになります。人生の約半分は働いています。人生の半分を占める仕事をないがしろにはできませんよね。

そして、どうせなら、この仕事を通じて、人生の幸せを手に入れることができたら最高ではありませんか?

誰しも人生を幸せに生きたいものだと思います。死ぬ時に笑って、よく生きたと思いながら、たくさんの人に惜しまれて死ぬことができたなら、それほど幸せな人生はなかったなと私は思います。

ならば、この仕事と人生の幸せをリンクさせて、働いていきたくはないですか?


私は、日本のために、未来の子供たちのために、思いっきり働きたいと思っています。一生懸命に仕事をして、たまに家族と一緒にゆっくり過ごして、また働く。そんな働き方をしたいと考えています。


私も大学2年生まではこんな考えは持っていませんでした。むしろ、一生楽しく、遊んで暮らしたいと思っていました。

こう考えるようになったのも、IKJ一生懸命塾で、たくさんの価値観の人と語り合ったからです。たくさんの活動を通して、仕事というものに対して向き合ってきたからです。

IKJ一生懸命塾の良い所は、多様な価値観があること、そして、本気で向き合ってくれる環境があるところです。だからこそ、私も自分の仕事に対する価値観を養うことができました。


もう1問、質問をします。

「あなたはどんな働き方をしたいですか?」

是非、この機会にもう1度、自分自身を見つめ直して考えてみませんか?


そして、このブログを読んでくれている大学生の皆さん。

私たちとともに、仕事に対して向き合っていきませんか?

共に、幸せな人生を掴み取っていきませんか?


是非、一度見学に来てみてください。
いつでも、その勇気ある一歩をお待ちしています。


今回はここで終わりです。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

2015年7月13日月曜日

「忙しさ」「仕事」


こんにちは!

学生団体YMTで第10IKJ私設応援団 団長を務めさせて頂くことになりました。松山慶久です。

 

突然ですが皆さん!

社会に出て働くことを想像してみてください!

楽しみだ!orきつそう

 

 

ポジティブかネガティブかはとにかく、学生の頃よりも遥かに大変であることは間違いない。
自分の周りでは、まだ遊びたいから学生でいたい!いや、むしろ一生大学生でいたい!というような会話が聞こえてきます。

でも私達はこれから社会に出て、仕事をしていかなければ生きてはいけません。

特に4年生、大学院修士2年生は、社会人としてスタートを切るまであと8か月!!

 

 

私も、IKJ一生懸命塾に入塾する前は大学生でいたい!という考え方でした。

しかしIKJ一生懸命塾に入塾して、仕事に対する考え方が大きく変わりました!!! 

 

どのように変わったのか。

今回はこの「仕事」「忙しさ」について私の考えを伝えていきたいと思います。

 

今の社会は、お金を稼ぐ、名誉を得る、そんな私利私欲を満たすためだけに仕事をしている人が多いと思います。

私はIKJ一生懸命塾に入塾するまでは、仕事はお金を稼ぐため、と思っていました。


確かにお金や名誉もないよりはあった方がいいし、必要なものだと思います。
欲は人間である以上あって当然なものです。

しかし、それら私利私欲を満たすことを最優先にしてしまったら

 

誰もが「自分さえ良ければそれでいい」という考えを持って仕事をしていたらどうでしょうか?皆さんはそんな社会を楽しいと感じますか?というか今の社会が「自分さえよければいい」という考えが充満しているように思えます。

しかし、現に今の社会人を見て楽しそうですか?

 

逆に、誰もが「誰かのために、何かのために」と一生懸命に仕事をしていたら、きっと社会全体は明るくなるし、自然と一人ひとりの毎日が生き生きとしてくるのではないでしょうか?

 

一瞬一瞬を本気で自分以外の人のために生きたら、結果としてその人の人生はとても豊かなものになると思います。

「その国の将来はその国の若者を見ればわかる」

 

IKJ一生懸命塾の塾生ならば一度は耳にしたことがあると思います。

今の暗くてネガティブな日本社会を変えていけるのは、間違いなく私たち日本の若者です。

今後の日本を明るくポジティブな国にしていけるかは全て私たち日本の若者次第です。

 

人生の成果=考え方×熱意×能力 

熱意があっても、能力があっても、考え方が歪んでいたら、宝の持ち腐れです。

残り少ない学生生活、仕事をするということの考え方をIKJ一生懸命塾で、もう一度見つめなおしていきましょう!

2015年7月7日火曜日

諦めるな!






こんにちは。
第10期YMTで部隊LEO2番隊で隊長やらせていただいています。
神奈川大学4年生の時盛勇也です。


このブログを見てくださっている方にお聞きしたい事があります。
今までの人生の中で目標ややりたいことを決めたにもかかわらず、途中で諦めてしまう癖があったなっていう人はいませんでしたか?
自分の心の中で考えてみてください。

IKJ一生懸命塾に入ると目標を立てる機会が増えます。そして自分の立てた目標に向かって一生懸命にそれぞれが走っていきます。
しかし途中でいろんな困難や苦難と言った壁にぶつかることがあります。
困難や苦難を目の前にしてしまうと途中で嫌になったり、諦めたくなってしまうのが人間です。

IKJ一生懸命塾には人生訓というものがあってそこにはこんな言葉があります。

成功している人は、途中であまり道を変えていない。いろんな困難があっても志を失わず、最後までやり抜いた人が成功している。

皆さんの知っているイチロー選手は小学校の卒業文集でもう既に自分がプロ野球選手になって活躍すると決めていました。そして365日中360日欠かさず練習と努力を積み重ね、どんなに辛いことや苦しいことがあってもそれを乗り越え、野球をやり続けてきたから今のイチロー選手がいると思います。

そう、どんなことがあっても自分が立てた志や目標を忘れずに最後までやり抜いた人が成功しているということです。

人は弱い生き物です。どうしても目標から目を背けたり、逃げてしまう生き物です。
しかし、ここIKJ一生懸命塾には様々な目標やなりたい自分、夢を持っている仲間がたくさんいます。その仲間が支え合っていろんな壁を一緒に乗り越えて、そして共に成長していく環境がここにはあります。
そしてお互いの夢を語り、浪漫を語り、自分を語り、目標を語り、志を語る。そんな中で互いを知って切磋琢磨しあえるそんな仲間、「同志」と呼べる人達ががたくさんいます。

さらにレッスンを通じて就活や社会で活躍するためのスキルやノウハウを教えてくれる「講師」がいて、
自分達に是は是、非は非と言って躾をしてくれる、人生の生き方や生き抜くための羅針盤や哲学を教えてくれて自分達を導いてくれる「導師」がいます。

その全ての人達との関わりが自分自身を大きくしてくれます。成長させてくれます。


このような人達がたくさんいるこの環境で自分の身を修め共に成長していきませんか?目標に向かってなりたい自分になりませんか?

以上です。最後まで読んでいただきありがとうございました。