2017年3月24日金曜日

進んで明かりをつける



ブログをご覧の皆さん。こんにちは。

13YMTで副総長を任せていただいております。室屋と申します。



「暗いと不平を言うよりも、進んで明かりをつけましょう。」
一度は聞いたことがあると思います。マザーテレサの言葉です。僕はこの「進んで明かりをつける」ということが、今の日本人に最も必要なのではないかと思っています。



僕らは豊かです。世界的にみて不満の一切ない水準の生活ができている。しかしそのことにすら慣れてしまうのが人間です。環境が整っていることが当然という感覚によって、その環境が保たれなくなることへの不満の原因を外にもとめる。決して自分がなんとかしてやろうという発想にはならなくなる。こんな人がどんどん増えていくことを想像するとなんだか怖くありませんか?国を一つの組織、例えば会社と考えれば、これほどもろく、頼りない会社はありません。

自分がなんとかしてやろうという発想がないとはつまり、夢がないということです。

夢がない人、やりたいことがない人は日に日に増えているような気がします。



不平や不満はいくらでも持てばいい。しかし、その不平不満を誰かのせいにして愚痴や文句としてただ吐き出してしまうのはものすごく勿体ない。

せっかく抱いた不平や不満は問題意識へ変えるべきだと僕は思います。

問題意識と捉え、どうすればもっとよくできるのだろうか、何が悪かったのだろうか、あるべき姿は何か。さらにこれを人と話し合えば、絶対その方が楽しいし成長すると思いませんか?


愚痴や文句は、それを言う人のみならず、聞く人の質も下げてしまいます。

これは協調ではありません。妥協です。

僕は周囲に合わせ、妥協することよりも、周囲に対して、こうあるべきだろうと説得できる人でありたいと思う。


そしてこのような発想になったのも、IKJ一生懸命塾のおかげです。

IKJ一生懸命塾には、そもそも愚痴を聞く人がいません。なぜなら全員がもっと成長したいという前向き、未来志向だからです。どうすればできるかという発想しかありません。

そんな環境でそんなメンバーと関わり続ける中で、人間としての質が上がらない訳はありません。こんな若者が増えていけば、日本も少しはいい国になっていくとは思いませんか?



もしこのブログを読んで頂けたなら、少しだけでいい、あなたの周囲の暗がりに明かりをつける方法を考えてみてほしい。一緒に考える仲間がいればなおいいですね。

そうやってあちこちで明かりをつける人が増えることで、きっと国の未来も明るくなっていくのだと思います。

進んで明かりをつけましょう。


以上です。ありがとうございました。












2017年3月17日金曜日

「何か物足りない」人生から、「充実している」人生へ。

YMTブログをご覧になっているみなさん、こんにちは。
第13期YMTで副総長を任せていただいている、日暮と申します。


3月に入り、18卒の就職活動が解禁されましたね!
就職活動って、自己分析をしたり、将来について考えたり、自分の人生に対して真剣になるとても重要な機会ですよね。


大学3年生で真剣に自分の人生を考えてみると、こんなことを思う人が多いようです。

「不満があるわけではないけれど、なんか物足りないんだよなぁ。」
「毎日、楽しい。けれど、時々虚しくなるんだよね。」
「今しかできないことをやってる!けど、後から振り返ったらあんまり残ってないなぁ。」

どうして、こんな風に思うのでしょうか?
自分のベストが、過去にあるからではないでしょうか?

「高校ん時の方がアツかった…。」
「あの頃に戻りたいなぁ。」

みなさんの周りにも、こんな大学生が多いのではないでしょうか?


…もったいない!
これから社会に出て働く僕たち若者が、これから会社を大きくしていく僕たち若者が、こんなもったいない日々を過ごしていていいのでしょうか?

単純に、人生損してませんか?


僕自身、そんなもったいない人生を、大学3年生までは過ごしていました。

けれど、一生懸命塾に入って、

歴史を学び、生き様を学び、
自分生きていられることは当たり前ではないのだと、過去に感謝しました。

政治を学び、時事を知りかかわりを学び、
これからの日本を創っていくのは自分たち若者なのだと、未来への責任を持つようになりました。


そんな風にインプットして次第に考え方が変わっていきながら、
YMTでのアウトプットを一生懸命重ねる中で、

それまでの人生で一番大きな挫折をしました。
それまでの人生で一番大きな達成感を味わいました。
涙が枯れるほどの感動がありました。
苦手なことにも挑戦し、好きになる努力ができるようになりました。
毎日やりたいことがあって、やるべきことがあって、やりがいを見出せるようになりました。


そうしていつしか、人生懸けて成し遂げたい、夢ができました。
何の職業に就きたい、どんな仕事をしたい、とかそんな願望ではなくて
人生懸けて成し遂げたい、夢ができました。


夢を持つと、生きがいが生まれます。
生きがいを持つと、目の前のことに一生懸命になれるようになります。
目の前のことに一生懸命になると、たかがこんなもの、と思っていた何気ないことに、充実感を感じられるようになります。
些細なことに充実感を感じられるようになると、人生が充実していきます。


今では、あの頃が…と過去に囚われている自分はいません。
未来を創っていくことにワクワクしている自分がいます。

過去、現在、未来。
人生のピークがいつまでも過去にあるのって悲しくないですか?
過去よりも今の方が輝いてる!未来はもっと輝いてるよ!夢を追いかけてるから。
こんな風に言える自分がいます。



だから、言いたい。
夢を、抱こう。志を、抱こう。
一度抱いたその夢を貫ける、強い心を一緒に磨こう。

人生、一度きりしかない。
だったら、不満を持って生きる人生じゃなくて、なんとなくの人生じゃなくて、
夢を追いかけて未来にワクワクしながら生きる人生を、僕は生きたい。

もし、仮に、一生懸命塾に出会っていなかったとしたら、
僕は何か物足りない日々を今でも過ごしているでしょう。

もし、仮に、あなたが一生懸命塾に出会って努力を継続していけば、
間違いなく今よりも充実した日々を送れます。

あなたに、質問です。
人生を懸けて成し遂げたい、夢はありますか?
目の前の日々に、満足してますか?

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。