2017年4月27日木曜日

社会で活躍したい就活生へ。

一生懸命塾ブログをご覧のみなさん、こんにちは。
学生団体YMTで副総長を任せていただいております、日暮大輝と申します。


春といえば、始まりの季節ですね。
就活生のみなさんにとっては、就活解禁し、人生を左右する勝負のスタート。そして1年後には、入社式を迎えます。
今年も何社かの社長の挨拶が取り上げられ、社会人への教訓として挙げられていたので、抜粋させていただきます。


「与えられた仕事を好きになる」(京セラ 谷本代表取締役社長)

「ロボットではなく『人間がするべき仕事』、『人と人とが心を触れ合わせる仕事』が大切になっていく。」(ソフトバンク 孫代表取締役社長)

「一人の人間として何をすべきなのか、どのような人生を送って自己実現を果たしていきたいのか、是非考え続けてください」(NTTデータ 岩本代表取締役社長)



また、入社後の研修では、こんなことを教わるそうです。

「報告・連絡・相談は、悪いことほど、早く。」

「努力に勝る天才なし。成功者はみな、一生懸命努力をしている。」

「逃げさえしなければ、諦めさえしなければ、必ず道は拓ける。」



これらの言葉を、考え方を見て、何を感じますか?

「勉強になる」という人も。

「大変そうだな」という人も。

「精神論ばかりだな」という人も。

「こういう会社に行きたい」という人も。

いろんな捉え方があると思います。
ただ、間違いのない事実として、これがトップの考え方であり、これが新入社員たちに知ってほしい心構えなのです。


そして、IKJ一生懸命塾では、こういった言葉を、考え方を、ただ教わるのではなく経験体験を通じて自分の財産とし、人生の基盤を根付かせてくれます。

このブログの他の記事を見ていただければ、それがよくわかると思います。

新入社員が最初にぶち当たる壁や、社会人になって数年経ってやっとわかるような大切な考え方の多くに、学生時代から触れ、身を持って大切さを感じることができます。
そんな状態で社会人一年目としてのスタートを切ることができたら。同期の中で活躍し、輝く姿がそこにあるのではないでしょうか。


敢えて言います。
IKJ一生懸命塾は、特別なことは言っていません。
古くから日本人が持っていたはずの、奉仕の心。
諸事万事と、何事にも一生懸命に取り組む姿勢。
戦後の焼け野原から立ち上がり、どんな逆境に追い込まれようとそれでも前へと突き進む不屈の心。
自らの仕事に誇りを持ち、熱くひたむきに努力を重ねる、職人の心。

人間であるならば、日本人であるならば、持っていたい、大切な心。
それを教えてくれるのが、IKJ一生懸命塾です。


ネットで検索すればすぐに答えは見つかる。
失敗しない「正解」や「前例」が、誰かに聴けば見つかる。
人間がやらずとも、ロボットがやってくれる。
売り手市場の中、それなりにやれば就職先も見つかる。
こんな時代だからこそ。

一生懸命生きずとも生きていけるこの時代に、私は、一生懸命生きたい。

いつの時代もいつの世も、人として大切なこと。
誰かのために、どんな壁があろうと、一生懸命に。

14期学生団体YMT 副総長 日暮大輝

2017年4月20日木曜日

性格を変える


こんにちは。第14期IKJ一生懸命塾  YMT副総長の室屋と申します。

本日もブログを更新させていただきます。

人生なんてほとんど苦しいことだらけだよと昔誰かに言われたことがあります。
大人になったら、社会人になったら、人生は楽しくないのだ。
私の中にはそんなイメージが出来上がってしまっていました。
だから、一攫千金のような話に憧れましたし、就職をせずに
上手いこと稼いで自由に暮らしたいと夢見ていた時期もありました。


皆さんもそんな経験ありませんでしたか?

そんな教育を受けた覚えはないのですが、
私に限らず、苦しいことを極端に避けたがるという性格が
どうやら現代人には根付いてしまっているようです。


こんな言葉があります。
『失敗したところでやめるから失敗になる。成功するまで続けたら、それは成功になる。』
松下幸之助の言葉です。


これを見て何を考えますか?


私はこうでした。
そんな馬鹿なことはない。
そんな人には才能があるに決まっている。


こんな発想しかできませんでした。

夢を叶えるためには、必死に勉強し、諦めずに挑み続ける。
この当たり前の論理を認められなかったのです。


辛いことを避ける。
その先に、道などありません。
こう言えばすべてに耐えろというように感じられると思いますがそれは語弊です。
要は捉え方、考え方です。


日々を生きているだけで、良いこともあれば、悪いこともあります。
ましてや、夢や志のもと、意志をもって生きていれば、向かい風を生み、逆風も強く吹き荒れるでしょう。
だから、この身に起きる不運や理不尽、立ちはだかる苦難困難などは必要必然、自らの課題と捉えることです。
いちいち気を落としていては身はもちません。
あるいは、ハッピーエンドに向かうための、正念場と考えることです。


私はたとえ上手くいかないことだらけで苦しくても、周りから馬鹿にされて辛くても、
それらすべてを次の一歩へのエネルギーに変えていける自分になりたいと思う。


楽がしたいと嫌でも考えてしまう性格は、この時代に生まれたものの宿命です。
(と私は考えています)
しかしそんな性格は容易くはないが変革することが可能です。
IKJ一生懸命塾には、そんな教育があると私は思っています。

なぜなら私自身が、少なくともその性格に変革を起こせた自負があるからです。

しかし、このように語る私も、成功どころか、まだ何一つとして事を成し遂げてはいません。
何十年後先になろうとも、今このブログを読んでくださった方に対して、恥ずかしくないような
人物であれるよう日々邁進していきます。


以上です。
ありがとうございました。


第14期IKJ一生懸命塾  YMT副総長 室屋

2017年4月13日木曜日

当たり前を疑う


ブログを読んでくださっている皆さん、こんにちは。第14期学生団体YMTで総長を任せていただいております、羽儀と申します。



4月になって新しい環境に飛び込み、これまでとは全く違う環境に戸惑った方もいるかもしれません。このYMTも4月で期が変わり、第14期となりました。今年もブログを更新していきますので、是非読んでいただければと思います。



さて最初に質問があります。皆さんにとっての"当たり前"ってなんでしょうか?



自分は、これまでの人生をいかに失敗しないかということだけを考えて生きてきました。人から嫌われないように、人から笑われないように、親にガッカリされないように。毎日変わり映えのない日常を送り、自分のできることをこなしていく毎日。それこそが幸せな人生なのだと思っていました。それが自分の中での"当たり前"でした。



そんな"当たり前"に待ったをかけてくれたのが、IKJ一生懸命塾です。元気で明るく爽やかに、清く正しく美しく、一生懸命に生きてる人がいました。大学での"当たり前"とは全く違う"当たり前"がこの塾にはありました。



自分の"当たり前"をよりよいものにしていくことが、成長だと想います。
『継続は力なり』とよく言うように、何かを自分の当たり前にするためには継続するしかありません。



しかめっ面が"当たり前"よりも、笑顔が"当たり前"の方がいいに決まっているし、省エネしているのが"当たり前"の人生よりも、一生懸命が"当たり前"の人生の方がいいに決まっています。



自分の今の"当たり前"を疑ってみませんか?自分で自分の限界決めてしまうなんて、余りにも勿体ありません。



なぜなら、人は環境によって左右されやすいから。部活の時は頑張っていたはずなのに、大学に入ってあまり頑張らなくなってしまった人はいませんか??

いまの自分を変えたいと想う人は、まずは自分のいる環境を変えましょう。まだ見ぬ自分に出会えるはずです!



IKJ一生懸命塾には、そんな自分を変えたい人が集まっています。学歴も能力も全く関係ありません。一緒に自分の”当たり前”をぶち壊しませんか?

最後まで読んでいただきありがとうございます。