2017年4月20日木曜日

性格を変える


こんにちは。第14期IKJ一生懸命塾  YMT副総長の室屋と申します。

本日もブログを更新させていただきます。

人生なんてほとんど苦しいことだらけだよと昔誰かに言われたことがあります。
大人になったら、社会人になったら、人生は楽しくないのだ。
私の中にはそんなイメージが出来上がってしまっていました。
だから、一攫千金のような話に憧れましたし、就職をせずに
上手いこと稼いで自由に暮らしたいと夢見ていた時期もありました。


皆さんもそんな経験ありませんでしたか?

そんな教育を受けた覚えはないのですが、
私に限らず、苦しいことを極端に避けたがるという性格が
どうやら現代人には根付いてしまっているようです。


こんな言葉があります。
『失敗したところでやめるから失敗になる。成功するまで続けたら、それは成功になる。』
松下幸之助の言葉です。


これを見て何を考えますか?


私はこうでした。
そんな馬鹿なことはない。
そんな人には才能があるに決まっている。


こんな発想しかできませんでした。

夢を叶えるためには、必死に勉強し、諦めずに挑み続ける。
この当たり前の論理を認められなかったのです。


辛いことを避ける。
その先に、道などありません。
こう言えばすべてに耐えろというように感じられると思いますがそれは語弊です。
要は捉え方、考え方です。


日々を生きているだけで、良いこともあれば、悪いこともあります。
ましてや、夢や志のもと、意志をもって生きていれば、向かい風を生み、逆風も強く吹き荒れるでしょう。
だから、この身に起きる不運や理不尽、立ちはだかる苦難困難などは必要必然、自らの課題と捉えることです。
いちいち気を落としていては身はもちません。
あるいは、ハッピーエンドに向かうための、正念場と考えることです。


私はたとえ上手くいかないことだらけで苦しくても、周りから馬鹿にされて辛くても、
それらすべてを次の一歩へのエネルギーに変えていける自分になりたいと思う。


楽がしたいと嫌でも考えてしまう性格は、この時代に生まれたものの宿命です。
(と私は考えています)
しかしそんな性格は容易くはないが変革することが可能です。
IKJ一生懸命塾には、そんな教育があると私は思っています。

なぜなら私自身が、少なくともその性格に変革を起こせた自負があるからです。

しかし、このように語る私も、成功どころか、まだ何一つとして事を成し遂げてはいません。
何十年後先になろうとも、今このブログを読んでくださった方に対して、恥ずかしくないような
人物であれるよう日々邁進していきます。


以上です。
ありがとうございました。


第14期IKJ一生懸命塾  YMT副総長 室屋