2017年5月26日金曜日

今の自分を語る就活

ホーク二番隊で組長させて頂いています。松原です。


一つ皆さんに質問です。
根拠のある自信はありますか?


うーん。。と考えてしまう人もいるかもしれません。


少し私の話しをします。
クラス、部活、バイト、サークルでリーダー経験を多くしてきた私は、自分に自信がありました。自信が持てるくらいの経歴を持っていたからです。


でも就活を始めた時に、想いを堂々と伝えること、そして自分に自信を持ってアピールすることが出来ない、そんな自分に気がつきました。


経歴はあるのに、100パーセントの自信が持てない。経験の割に自分に出来ないことが多すぎる、そんな自分が経歴負けしているようにしか思えませんでした。



自信を持って自分をアピールしたい、そして出来ないことにも逃げずに立ち向かいたい。
そう感じていた時に出会ったのがここのIKJ一生懸命塾でした。



ここの学生は、驚くほど真っ直ぐで心が純粋です。
なりたい姿はあるのに踏み止まっている自分とは正反対でした。



自分とここの学生の違いは何なのか。そう考えた時に一番に感じたのが、苦手とトコトン向き合うことでした。
出来る、出来ないをはじめから決めてしまうのではなく、まずやってみる。そして出来なければその自分を認め次どうすれば良いか考える。



今までの私は、なぜ出来ないんだろうと考えてネガティヴになっていましたが、IKJ一生懸命塾の学生はどうすれば良くなるか成功するか上しか見ていませんでした。


その姿を始めは引け目に感じていましたが、トコトンやってみようと取り組んだ結果、第一志望であった企業から内定を頂くことが出来ました。
そして何より、今の自分に自信がつき自分を誇れれようになりました。


そんな自分になっているのは、トコトン自分の苦手と向き合ったこと、そして今もトコトン向き合い闘い続けているからです。


そして、過去の自分の経歴を語るのでなく、今の自分を語れる就活に変わってから就活が楽しくなりました。



根拠のある自信をつけるには、自分の苦手とトコトン向き合いこと。そして、今を一生懸命に生きることだと実感しています。



ここのIKJ一生懸命塾は、努力すること一生懸命に取り組むことが当たり前です。そしてそうなりたいと思う人を応援しとくれる人が沢山います。

そんな人が仲間がたくさんいるからこそ、取り組みやすい環境です。



共に根拠のある自信をつけませんか?
今を語れる就活をしていきませんか?


最後まで読んで頂き、ありがとうございました!


2017年5月18日木曜日

一つ一つのことに意図意味を見いだす

IKJブログをご覧の皆さん、こんにちは。第14期部隊HAWKで組長を任せていただいております江角です。
皆さんは自分のやっていることにしっかりと意図や意味を持っているでしょうか?ただなんとなしでやっている、人から言われたからやっているだけ、そんなことはないでしょうか?

私はこれまでなんとなくやってきた、そんな経験が多かったと思います。誰かが言っているから、世間一般ではこうやった方がいいと言われているから、だからやる、そんなことが多かったです。何故やっているのかという自分なりの考えを持たずにやってきたなと思います。その経験のほとんどは、あまり記憶に残らない、ただ楽しくまたは辛く終わっただけの、成長を感じないものでした。

何か物事をやる際に意図意味を持つことは大事なことです。例えば、野球の素振り練習を思い浮かべてみて下さい。ただなんとなしに毎回バットを振る人と、腰のひねりが遅くて振るタイミングがずれるから腰を意識してバットを振ろうという人、どちらがより効果的な練習を行っていると言えるでしょうか?皆さん後者の人の方が良いと思うはずです。後者の人であれば、一回一回の素振りの動きがどうであったか、振り返ることでき、次どうしようと修正を加えながらやっていくことができます。しっかりと自分の問題点を改善しようと、自分なりの考えを持ってやる。そうすることで、己を改善し高めていくことができるはずです。

物事に対し意図意味を持つこと、それを普段の日常にも応用していく。何かやるからにはそんな考えを持ってやった方が成長できるはず!なんとなくじゃなくて、人がこう言っているからじゃなくて、自分なりにやってみる。もっと掘り下げて自分で考えてやってみる。

私は一生懸命塾に入って、この考え方を身につけることができました。塾生や講師の方達と、物事に対し意図意味を持ってどのように行動するのかを語り合うことで、意図意味を意識して考えられるようになりました。一生懸命塾には、物事をなんとなくではやらない、些細なことでも一生懸命に打ち込む人がたくさんいます。多くの人がひとつひとつのことに対して熱い思いでやっています。そんな熱い環境の中で私はこれからも成長していこうと思っています!なんとなくでは終わりたくない、物事に対しやりがいを持って進んでいきたいという人、一緒に頑張っていきませんか?


最後まで読んでいただいきありがとうございました。

2017年5月11日木曜日

一歩踏み出す勇気

IKJブログをご覧の皆さん、こんにちは。第14期部隊HAWKで組長を任せていただいております、大柿と申します。
さて、皆さんは今をなんとなく過ごしていませんか。

私は、実際に大学生活の半分はそうでした。
目標がなく、なんとなく大学に入り、授業を受け、サークルをして…
変わりばえのない毎日を過ごしていました。

そんな毎日に何か物足りなさを感じていました。

そんな時私はこの塾に出会いました。
今まで友達とも家族とも本音でぶつかってこなかった私に、何度も何度もぶつかってきてくれます。向き合ってくれます。

「なんとなく」とか「特に意味はない」とかそんな曖昧なものでは片付きません。

そう気づかせてくれたのは、この塾です。

今まで生きてきて、人との関わりは当たり前のようでしたが、この塾にきて初めてありがたみを知りました。

もう、なんとなくでは説明がつかないぐらい一生懸命で本気でぶつかっていけるそんな仲間と共にそれぞれの目標に向かって切磋琢磨できる、そんな環境のこのIKJにいることが私にとって幸せです!

今の現状を何か物足りなさを感じている皆さん、なんでもいいです。
何か一歩勇気を出して踏み出しませんか?

最後までお読みいただきありがとうございました。

2017年5月4日木曜日

失敗を恐れるな!

ブログをご覧の皆さんこんにちは!
部隊HAWKで組長をさせていただいております狩野と申します

突然ですが皆さん自分に自信はありますか?

自信がある方、ない方いるかと思います。
IKJ一生懸命塾に入るまでの私は自分に全く自信がありませんでした。
自慢ではありませんが私は勉強があまりできません!その代わりに人間力で勝負したいと思っていましたが、消極的な性格で人と話すことが苦手だったためこれ!と言って人に自慢できるような能力・体験が全くありませんでした。

そんな自分に打ち勝つ為IKJ一生懸命塾に入塾しました。IKJ一生懸命塾では人前に出る機会がとても多くあります。最初は人前に出た途端考えたセリフが飛び言いたいことを言えないで終わってしまうという失敗もたくさんしました。失敗することは恥だと思っていた私でしたが『ナイストライ!』と言ってくれる環境がここにはありました。その中では自信を持つ為に必要なことを見つけることができました

それは『とにかくやってみる』ということです。
とにかくやれば当然たくさんの壁にぶち当たります。その中で失敗もすると思います。失敗をするからこそ自分のやり方が間違っている事に気づき修正することが出来ます。勇気ある失敗こそ自信に繋がると経験した自分だからこそ胸を張って言うことができます

今回声を大にして言いたいのは決して失敗を恐れてはいけないということです。失敗したっていいじゃないか!!かっこ悪くてもいいじゃないか!!そんな失敗も讃えてくれる最高の環境がここIKJ一生懸命塾にはあります!
一緒にたくさん勇気ある失敗をしましょう!そして自信に満ちた最高の姿で就職活動を戦い抜きましょう!!